日経225先物を難しく考えないで勝つためのブログ

掲示板『Mr.Hiltonの日経225先物リアルタイムデイトレード』への書き込みに基づいたその日の詳細や『手法』、デイトレード心理に言及するブログです。日経225先物のデイトレードは難しくはありません。クセを知っていればOKなのです。

カテゴリ: 心理関係のページ

本日はトレードなしでした。
--------------------
本日は勉強会のためお休みになりました。引けの前には終了しましたが、動きもパッとしないようですので、そのままお休み状態になりました。

少し景色が変わってどうかな??と思いましたが、しばらくは反応しなかった為替にもここの所反応しているようですし、結局は何もない状態でなんとか今の水準を保っている感じはします。単純に為替の状況だけを考えたらよい材料など見当たらないわけですが、米国株や債権など、材料がないなりに多少の反応を見せている・・そんな状況ではないかと思います。

事件や懸念事項などを期待してみているのはいささか不謹慎ではありますが、そうでもしないとなかなか良い動きにはなりませんね。相場は反対勢力の力を以って初めて大きく動くわけですから、反対勢力の力がなければ、その原理は生きてきません。売る人がいるから下がると言うよりも、売った人がいるから上がると考えた方が、相場はよりわかりやすいかもしれません。買う人がいるから上がるのは当たり前としても、買う人がいないから下がらないと言う原理もそこあるわけです。

一本の陰線や陽線を、単独で捉えようとしても、昨日は一本の陽線を基点に相場が動いたとしても、今日はその逆の動きになった・・・そんな事はよくあります。つまり、その陰線や陽線の持つ意味合いなど、それを立てた勢力にしかわからない事です。下で利食いの買戻しがあれば陽線は立ちますし、上で決済売りが出れば陰線も立ちます。髭が出たとしてもそれは同じ解釈が当てはまります。高値で決済売りが出れば。一旦髭で引っ込みますね。そして短期筋がまた買い直せば、今度は高値を抜いてくるかもしれません。ですので、髭を確認してもそれは事実の確認にはならないということになります。

そもそも、髭が出たから売りとか買いとかを考えるのは、そういうチャートを目にした時になるわけですが、今現時点で下髭が出た・・それ買い!!とやったとしましょう!でも、また下げてくるかもしれませんね。下げてさらに安値を割ってくるかもしれません。その時に髭はどうなっていますか?髭は引っ込んでいるはずです。そして陰線をつけ始めるはずです。あれ??下げちゃった・・・ロスカットだよ・・・となるわけですが、問題はそのような詳細な動きは、終わったあとのチャートを見ても、ほとんど認識できないわけです。

つまり「髭でエントリーして負けた時の事例はチャート上で認識する事は難しい」事になります。つまり、終わったあとのチャートを見て「髭が出たから上げ止まり、下げ止まり」というロジック?は、いささかの無理があると思うわけです。先ほどのパターンは終わった後のチャートを見ても認識できないわけですから、終わった後のチャートを見ても、「うまくいく時」のパターンしか出て来ずに、上手くいかなかった事はわからない以上、そこからトレードパターンを確立するのは難しく、もしもそれをエントリーのルールにしようとするなら、単純に髭ありきで考えるのではなく、やはりフィルタを通して考えていかなければなりません。

このように、一般的な教科書どおりの思考をすると、なかなか難しいのが相場なんですね。やはり、短期間でカーブフィッティングしたものではなく、ベーシックではあってもありふれていないものでないと、太刀打ちできないのが相場だと思います。しかし、それらのほとんどは決して難しい事ではないのだと思います。難しくないから続ける事が出来るのでしょうね。

明日は休日です。お出掛け日和になればよいのですが。。。文化的なお休みにしたいですね。映画とか読書とか・・・。(そんな休日は久しくないですね。)自然に触れ合うもの良いかもしれないですね。季節的にも草木と触れ合うのはラストチャンスかな?とも思いますし、渋滞覚悟で行ってみるのも良いかも知れませんね。いぜれにせよ、良い休日をお過ごし下さいね。

それではまた!

お疲れ様です!応援をお願いします
ブログ村  日経225先物

日経225先物 人気ブログランキング

ビジネスブログ

アクティブ口座の詳細はこちらから。デイトレなら安心です。

多くの方々にご理解を頂き嬉しく思います。私監修の「日経225先物講座 節とポイント」です。
↓↓
引き続きクレジットカードやコンビニ決済等もご利用いただけますので、お申し込み後にすぐにお読みになる事が出来ます。電子ブックの詳細も事細かに書かれていますので、興味がある方は覗いてみて下さい。ご質問等は私が承ります。節目をキッチリ押さえて、よりシナリオが描きやすいトレードを目指しましょう!次回改訂版は若干の値上げをさせて頂く事になっています。尚、今後、加筆した改訂版やバージョンアップしたものが出た場合でも(未定)その際は、今回、または以前に現行版をお求めの方は、改訂版は無償でお渡しする事が出来ます。値上げした場合でも、その条件は変わりませんので、私の方からもお約束しておきます。詳しくは発行元ページにてお願いします。



『マッハ225』についてのお知らせ
今現在、とても人気のある日経225先物の戦術本『マッハ225』はご存知でしょうか?製作に携わったのは、以前に私のレクチャーを受けたTさんなんです。この本は、非常に面白いといいますか、良い切り口で相場を捉えています。Tさんは以前よりテクニカル分析をご自身でもなさっていて、現在は225プロジェクトの専門家集団に属していて、かなりの資金を膨らませたのだそうです。その中のロジックの一つが「マッハ225」という事なのですが、ご連絡を受けてご紹介する運びになりました。日計りデイトレはもちろん、スイングトレードのロジックも網羅されているようですので、トレードスタイルに合わせた選択をなさればよかろうと思います。私も、切り口の部分は最近注目し始めたことでもありますので、なかなか良い切り口だと思いますね。お時間あれば覗いてみてください。日本市場はどういう構成で成り立っているのか・・・そこに着目したロジックになりますね。これ以上は勘弁して下さい(笑)

瞬速!億千万トレード「マッハ225」“11ヶ月で純利益476万円のシグナルサインツール”無料プレゼント中!


Mr.Hiltonの日経225先物リアルタイムデイトレード公開中
携帯電話からリアルタイムデイトレードへ

今日は好天に恵まれ、絶好のお出掛け日よりでした。カラっとしていましたし、少し動いても汗ばむ事もありません。先週の土曜日は夏日になって、これが10月?と思わせるような陽気だったわけですが、今日くらいの陽気が過ごしやすいと言えば過ごしやすいですね。来週あたりから徐々に気温は下がっていくようです。10月が終われば年の5/6が終わった事になりますから、本当に一年がたつのは早いものですね。

先週、某雑誌の取材があって、出かけてまいりました。以前は、人前に出るのは極力避けていた部分もあるのですが、こんなおっさんでもお役に立つのであれば、ありがたくオファーを受けるようにはしています。自分にとってもよい経験にもなりますからね。あまり気の利いたことをお話しすることは出来ないと思いますが、日経225先物を世に知らしめる活動が出来れば、多少なりとも市場に活性化にもつながって、結果的には自分にとってもプラスに働くのではないのか??そんな風にも思っています。

昨年の夏前から始った、スーパーウダウダ相場にも少し慣れて来ましたが、その間、より高いパフォーマンスを目指して、FX等他の市場に戦いの場を移した方が、かなりの数いらっしゃるとお聞きします。しかし、聞いただけの話にとどまりますが、それによって返り討ちにあった方の多い事も注目しておかなければいけない事実でしょうね。

相場の世界で「あっち水は甘いぞ〜」は戦略的に見ても、有効でないとは言えません。むしろ、機を見るに敏な方は、そのような対峙の仕方は大いに有効と思います。しかし、大概は「甘い水」などはなく、あったとしても、それにありつくまでには至らずに、結局は苦水を飲まされるのがオチです。「甘い水」を飲めるのは、やはり「上手に飲み方を知っている人」になるわけですね。つまり、FXであろうが個別株であろうが先物であろうが、飲み方を知らなければ、いつも飲む水は苦水ばかりとなりますので、やはり、どこかで腰を据えて戦術を練らないといけません。

この事は、市場間を上手に遊泳出来る、一部の有能なトレーダーを除き、ほとんどの方に言える事と思いますが、同じような事で、手法や戦術をコロコロ変えるのも、退場への第一歩と位置づけています。つまり、手法間の遊泳です。アレがダメならコレ、コレがダメならアレという具合に、次から次へと見方考え方を変えてしまうと、やがて袋小路に入ってしまいます。そして、気がついた時には出て来れなくなりますね。どんなにまともな手法にも、優位性はあっても絶対性はないわけですから、ありもしない絶対性を求めた時点で、すでにアウトになりますね。優位性は求めても絶対性は求めない・・この姿勢は非常に大事になって来ると思います。

まあ、何を言っても言うは易しが相場の世界の通説ですから、人が人として当たり前に行動する以上、非常に苦痛を伴う事に付き合わなければなりません。ましてや、始めたばかりの方々には、これから見当違いの常識がたくさん目の前に現れます。極、基本的なテクニカルの本を見て感動し、物凄く勉強になったと思い、こんなに素晴らしい物に出会うことが出来た、天は我に見方したなどと思ってしまうと、その後はどんな結末が待っているか、熟練者の皆さんにはおわかりでしょう。人は、自分の知らない事を見聞きした時点で、物凄く勉強になったような、ある種の勘違いをします。たしかに、勉強になった事は事実ですが、勉強になった=勝てるようになったとは言えない訳です。

そこからは試行錯誤が続いて、どんどん知識も身について、知識が身につくとどんどん勝てるようになる気もしますが、現実にはとんでもない事なわけです。知識が多ければ勝てるのであれば、学者やエコノミストが絶対に強いわけです。でも実際にはそうではありません。新聞や相場のサイト、書籍に書いてある事柄についてチンプンカンプンでも、勝つ人は勝ちます。

じゃあ何が違うのか???もちろん一概に定義づけることなど出来ませんが、まずは、ブレのない見方、考え方やこだわりを持っていると言えるでしょう。さらにブレのないメンタルも持っているでしょうね。他人の意見に惑わされないで、自分の軸を持っています。さらに、相場に絶対を求めていません。優位性と絶対性の違いを良く認識しているでしょう。

さらには評論家にはなっていない事。どこどこがどうした・・なんて事は、デイトレードには無用の長物であるとわきまえています。どこどこがどうしたからこうなるのであれば、負ける人などいないという理屈に基づいて、情報の取捨選択が上手に出来ています。さらには、参加している市場のクセを理解しています。そのクセがどうしてそうなるのかなどと、特に論理的には考察しません。そう動くにだからそれがクセなのだと、極めて割り切った思考で参加しているわけです。これは裁量でもシステムでもオプションでも同じと言えるでしょうね。テクニカルなんて所詮はそういうもので、説明しようとすれば全てがこじつけになる・・・そんな割り切りがあるわけですね。

結構乱暴な考察かもしれませんが、実際には今挙げた事がほとんどの場合事実と思います。ただ、この事実を認めたら、何をどうしたらよいのやら途方にくれる方もいらっしゃる事でしょう。ほとんどの場合、途方にくれるはずです。相場においては、負ける人がほとんどなわけですから、ほとんどの人が途方にくれるという事実は、負ける人がほとんどであるという事実の裏づけにはなっているのではないでしょうか。

しかし、これらの思考のメカニズムや心理のメカニズムを理解しながら、今後の投資活動を行えるかどうかは、非常に大事な事だと思います。少なくとも、絶対を求めて袋小路に入ったり、必勝法を求めて遊泳したり、甘い水がどこかにあるはずと捜し求めたり、移り気になったりはしないでしょうから、知っているだけでも、いくらかは有利なはずです。

今日はこの辺で失礼いたします。引き続きよい週末を!!

今週もありがとうございました。来週もよろしくお願いたしますブログ村  日経225先物
日経225先物 人気ブログランキング
ビジネスブログ

Mr.Hilton著の「日経225先物 節とポイント」です。色んな方に取り上げていただき感謝いたしております。朝、私が準備している事やザラ場中に注目している所などを、出来るだけ上げ底なしでお伝えしている電子ブックです。お申し込み後にすぐにお読みになる事が出来ます。下のバナーをクリックすると発行元のホームページに移動します。電子ブックの詳細も事細かに書かれていますので、興味がある方は覗いてみて下さい。ご質問等は私が承ります。

節目をキッチリ押さえて、よりシナリオが描きやすいトレードを目指しましょう!尚、今後、加筆した改訂版やバージョンアップしたものが出た場合でも(未定)その際は、今回、または以前に現行版をお求めの方は、改訂版は無償でお渡しする事が出来ます。諸事情からやむを得ず値上げした場合でも、その条件は変わりませんので、私の方からもお約束しておきます。詳しくは発行元ページにてお願いします。大変恐縮ですが、サポート等の関係等の諸事情から、次回改訂版からは少し値上げさせていただく予定です。あらかじめご了承下さい。




お知らせ
Tさんプロデュースの『マッハ225』です。ロジックを特別な視点において構成しています。私も注目していた部分ではありますので、興味深く見ています。もちろん、クレジットカードやコンビニ払いにも対応していますので、すぐにお読みになれます。付属のシグナルサインツール(インディケーター)のプレゼントは、まだOKだそうです。
瞬速!億千万トレード「マッハ225」“11ヶ月で純利益476万円のシグナルサインツール”無料プレゼント中!


Mr.Hiltonの日経225先物リアルタイムデイトレード公開中
携帯電話からリアルタイムデイトレードへ

よく言い訳をする人に成功者はいないなんて言いますけど、相場の世界でも例外なく言える事なんでしょうね。私も気づくと言い訳じみた事をつぶやいたりしますから、その都度いかんいかんとたしなめるわけです。特に掲示板なんかやっていますと、見てる人の事を考えると、言わなくても良い事を言う事で、それが言い訳になっていたりする事もありますね。それらを後で見ると、とても恥ずかしく思うわけです。ダメトレードそのものよりも恥ずかしい事です。

言い訳が次につながるものになれば、どんどん言い訳して良いと思うのですが、だいたいの場合、言い訳ほど次につながらないものはありません。愚行ですね。私の場合の言い訳は、何か書かないと・・・と思うから思わず出てしまうことなのかもしれませんが、一人でパソコンの前にいたら、多分に言い訳などしないと思いますね。その辺がブログやら掲示板をやっている事の、数少ないデメリットなのではないでしょうかね。

あそこで買っていれば・・・買わなかったから仕方ないじゃん

あそこで利食いしていれば・・・伸ばそうと思ったのだから立派じゃん

あそこでロスカットしておけば・・・それは論外だな

寄付きから行けば底だったのに・・・終わってみれば全勝です。

あの記事を読まなければ・・・よくあるある(笑)

まだまだありますよね。だいたい相場の言い訳なんて、無用といいますか、その後につながる反省にもならない事が多いですよね。では、その最もたるはどんなフレーズなんでしょうか?いい訳大賞は「わかっていたんだよなー」でしょうね。わかっていたらそうすればいいわけで、そうしなかったのは、終わってみた時にわかっていたような気がするだけで、実はそれほどわかっていなかった事が多かったりしますね。

なぜ「わかっていたのになー」と言うのでしょうか。それはどういう言い訳なんでしょうか。それは、自分を慰めるといいますか、自分のやっている事や見方・考え方を肯定したいからに他なりません。だって全然違う方向に建てて惨敗して、言い訳しなかったら、それらが全て間違いだったと落胆し、全てを否定されたような気になってしまうので、その後に続行できなくなるからです。「わかってる」人なんていないわけですよ。皆わからない中で、何らかの根拠を持っていくらか有利な方向に建てているわけですから、反対に行ったからといって、それすなわちトレードスタイルの全否定にはならないわけです。でも、言い訳することで、次に進める最低限の安心感は得られるので、そうやって「わかってたのになー」とやってしまうわけですね。

振り返って反省し、今後の糧になるのは、自分が本来やるべき事をやらなかった時、ルールにない事をやってしまった時、この二つでいいんですよね。それ以上は何もないわけです。反対に行ってしまった事を悔やんで、心に刻み込んでも、次に同じように動くとは限りません。むしろ、有利な方に建てた事、期待値的にも望める方に建てた事の結果がそうならば、次は上手く動いてくれるかもしれませんし、持つべき手法とはそういう事なんじゃないでしょうかね。それを、「このパターンで反対に行ったという事は、次は反対に建ててみよう」では、そもそも厳しい戦いの中で使えるロジックでも考え方でもなかったという事になりますからね。

何が正しい行動なのかは誰にもわからない、ただ、自分が正しいと思う行動をする事が、トレードでは一番大事だと思います。それが何かわかれば、半分勝ったも同じなんだと思います。トレードに限らず、結末のわからない事全てに言えることですね。すなわち、人生においての全ての局面で言える事なんだと思いますね。そう考えて行動すれば、言い訳のフレーズは口から出てこないものだと思います。出そうになったら、「結果はどうあれ、俺は正しく行動した」と言い聞かせる事が大事なんだと思いますね。

今日は今から一泊でお出掛けです。道が混む前にひとっ走り行って来ます。天気は良いようです。暑い時期もそろそろ終りです。最後の夏休み気分を満喫できたら最高なんですけどね。(来週も同じ事言ってたらごめんなさい・・)皆様も良い週末をお過ごし下さいね。

ひまわり証券主催のセミナーのH.Pです。私が講師で参加いたします。すでに250名様以上のお申し込みがあるそうです。セミナーは無料で参加できますが、定員がございますために予約制になっています。詳細につきましては下記をご覧下さいね。
【日経225先物】勝つためのデイトレード戦略 2つの視点から最適トレードが見つかる!

↓こちらも気が付かれましたら応援して下さい。↓
ブログ村  日経225先物

日経225先物 人気ブログランキング

ビジネスブログ


Mr.Hiltonの日経225先物リアルタイムデイトレード公開中
携帯電話からリアルタイムデイトレードへ

暑い。。いや熱い。。。今日は昼ごろこら子供らに付き合ってプールにお出かけしたわけですが、灼熱の太陽をこれでもかってくらいに浴びたので、背中がやや熱いわけです。うーん。。やはり海に行く回数が少なかったから、背中の焼き具合が思ったより進んでいなかったのですね。もうどんなに紫外線を浴びても、熱くなったり痛くなったりはしないはず・・と思っていましたが、甘かったようですね。ちなみに明日は5時起きで湘南の海に行ってまいります。うちの子達は遊んでばっかりで、宿題はないのか?って聞いても「ない!」ばかり・・・。まさか学校に行ってから友達のを丸写ししてるんじゃないだろうねー・・・それでは父親と同じではないか(汗...)血は争えませんなー。。。

今はお風呂にも入って喉の渇きを癒して、なんとなく自分のブログを振り返っていたところですが、相場は普通の人が普通の心理を以って普通に行動したら、ほぼ負けることになる・・そんな事を良く書いていたなーと思ったのですが、では普通の思考ではない、常識にとらわれない人が勝つかというと、決してそうではないですね。

私が良く使う「総意の逆」って言葉があるじゃないですか。(私がブログや掲示板で使っている言葉は結構オリジナルの造語もあったりしますよ。辞書引いても載っていない言葉はたくさんあるはずです。だからそれらが相場用語として認知されているとは限らないのでその辺は了承してお読み下さいね。)ここで言う「総意」とはほとんどの人が「常識的な見地」で持っている見解の事です。たとえば高値と安値が切り上がってきていたら、それだけを見れば誰がどう見ても上昇トレンドに入るか、入っていると見るのが常識的なわけです。では、常識にとらわれたら勝てないのであれば、ここで「上昇トレンド」と判断している人は皆勝てない事になりますね。でも、そんな事もないわけです。

総意はどこにあるのか、注目すべきポイントはどこになるのかを、「常識的に」見る事は、それ自体が負けトレードにつながるものではありません、常に総意と反対の見解を持たないと勝てないという事ではありません。むしろ、常に総意と反対の見解を持ち続けたらそっちの方が退場門は近くなりますよね。

万人が持って不思議のない、普通の見解を持った時に、その逆の動きが発生した時が問題なのです。そこで「そんなはずははい、止まるはず」と考えるか、「なんだかわからないけどあっちに行っちゃったよ・・向こうにつく方が得策か?」と考えるかで大きな違いが出て来ます。おそらく、大部分の場合は、後者の持つ見解、後者の取る行動が正解の場合が多いはずです。つまり、大きく動く時というのは総じて通常持つ見解の反対に動きが出る事が多いので、そういう意味での常識的な行動が邪魔になる事が多いわけです。ですので、なんだかわからないけどあっちに行っちゃったって時は、わからなければスルーするし、そうでなければそっちの方向に建てた方が分が良いと言えるわけです。やってはいけない事は、前者の持つ思考ですので、安易に売り向かいをしてはいけないという事になります。

ここまでお読みになれば、今日お話したい事が何なのかがお分かりになった方もいらっしゃるかもしれませんね。つまり、意に反した常識的な動きと反する動きをされた時に、これが常識から反する動きだとわかる感性とか、相場観とか、ロジックとか、常識的な見解に導く何かを持っていないと、それが常識に反する動きだという事自体に気づく事もありませんよね。つまり、常識の逆の行動を取れる人間は、常識的な感性なりを持っていないといけないわけですから、常に常識的でない行動をする人間が必ずしも勝者となるとは限らず、むしろ逆に敗者になる可能性がきわめて高いと考えています。逆に、常識的な感性を持って行動してれば、そういう潮流には対応しうる事になりますから、勝者になりうると考えています。あとは、そういう行動を取れるかどうか・・・これまた別の話になるんですがね・・・。

今日はこれで失礼いたします。かき氷を食べて歯を磨いてから明日に備えて早めに休む事にします。

応援して下さい。
ブログ村  日経225先物

日経225先物 人気ブログランキング

ビジネスブログ

『節とポイント』の改訂版が出来上がりました。トレード前もトレード中も意識して見て行きながら、シナリオを組み立てられるようお手伝いできたら良いと思います。詳しくは下のバナーから詳細ページにお進み下さい。今回ご購入の特典につきましてもお申し込みページに記載されていますのでご覧下さい。引き続きクレジットカードやコンビニ決済等もご利用いただけますので、お申し込み後にすぐにお読みになる事が出来ます。下のバナーをクリックすると発行元のホームページに移動します。電子ブックの詳細も事細かに書かれていますので、興味がある方は覗いてみて下さい。ご質問等は承ります。まずは節目をキッチリ押さえて、よりシナリオが描きやすいトレードを目指しましょう!
↓↓



私のお勧め証券会社岡三オンライン証券については、左側にバナーがございますので、そちらからご確認下さい。日経225先物トレーダーに人気の証券会社です。


Mr.Hiltonの日経225先物リアルタイムデイトレード公開中
携帯電話からリアルタイムデイトレードへ

おはようございます。今日も朝から物凄く暑いです。昨晩は二度もエアコンを再セットしました。先日のお休みでさらに日焼けしたため、少し体が熱いのでしょうか、少し寝苦しいです。よって、今日は9時頃まで寝るつもりが、一時間ほど早く目が覚めまして、朝のゴミ出しなんぞやってしまいました。ゴミ出しだけで汗が吹き出ますね。こりゃ確かに異常ですわ。。。寝ている間に熱中症になる方もいらっしゃるようですので、暑いのを我慢して眠るのは、体によくありません。スポーツドリンクなどを枕元に置いて、水分を補給しながら眠らないと危険らしいですよ。

先週はお休みもあり、お休みでなかった日は、薄利続きでした。どこか、「動かないのでは?」と決め付けている部分はありますね。その決め付けが良い方に出る場合もあるのですが、昨日などは逆でしたね。しっかり粘ってみていれば取れたかどうかはわかりませんので、それについては良いのですが、そういう気持ちで見させられているんでしょうね。

仕掛けは早い方が良いのかどうかも、実際には終わってみないとわからない部分ではあります。早い時間の方がテクニカルに従順と思えば早い時間に頑張れば良いですし、逆なら逆にすれば良いだけの事です。集中力の持続の問題が大きいのではないでしょうかね。ある程度の緊張感といいますか、背筋が伸びている時に仕掛けたいのであれば、私の場合は早い時間になりますね。もっとじっくりと腰をすえていける性格であれば、終日キチンと見る事は出来るのでしょうけどね。

私の潜在意識が、ある種の義務感の中でトレードをしたくないんだと思いますね。「何もしていない・・やらなきゃ・・」となってからは仕掛けたくないと思っているのだと思います。時間がたつにつれて、何もしていない自分に焦ったり、何もしない自分に言い訳をしたりするのが嫌だから、早い時間のチャンスにはダボハゼのごとく食らいつくのだと思います。それがスタイルであればそれでよしでしょうね。

反対に、ある程度の時間を置いてから、相場の流れが出てからの仕掛けを好む人もいますね。それも立派な戦略と思いますよ。確かに、どういう動きをしてくるのかわからないうちに仕掛けるのは丁半なのでは?と言えなくもないですしね。もちろん、丁半をしているわけではなく、理由に基づいての仕掛けである事は間違いないのですが、理由はない!動きが出るから・・・という理由だけでは丁半でしょうね。

しかし、流れが出てから・・と思ってみても、流れが出る前にはそう思っていても、いざ流れが出てからはどうですか?今度は「今は上だけど、ここで買って行ったら天掴み?」とか、「とりあえずは上目処に来た。しかしさらに上に行かれるのでは?」と思ったりして、結局は躊躇が起きて何もしないで終わることはないですか?そして、止まってから「やれやれやっと落ち着いた・・ここは天底固いのでは?」などと思って、ウダウダの海に飛び込んでいませんか?もしそうだとすると、流れが出た場合に仕掛けていく際の「流れ」はどこに行ってしまったんでしょうか??という事になります。これでは流れを生かしていることにならないわけですから、そこに優位性はありませんね。

様子見しているうちに様子見が傍観となる事はよくあります。様子見をする時には、ある種のシナリオを持ってすると良いと思いますね。ここから上に行った場合、ここがこういう形になったら買って行こうとか、反対にこういう形ならば売って行こうとか、私のロジックの一つであります転換が起きるまで待とうとか、継続が確定するまで待とうとか、ここまで押したら打診で買いを入れようとか、様子見もシナリオを立てながらすると、そういうパターンになった時には手が動くものだと思っています。それを、「とりあえず動きを見て・・」と漠然と見ていても、結局は流れの中での決断にはならないので、止まってから考える事になりますね。それか、とにかく高値を抜けたので思わず成り行きで買った・・・そんな感じになって、振られて撃沈、降りたら走った・・・それが関の山になってしまいます。

自分にとって有利な時間はどこなのか・・スタイルに合った時間はどこなのか・・それを考えて相場を見ていく事は大事だと思いますね。テクニカルもそうですが、行動する時間も「万能」を求めたら、何一つ得る事が出来ないものだと思いますね。時間も含めて、自分の得意な所、得意な形で勝負していく割り切りは、凄く大事なことだ思いますね。

さてもうすぐ10時になります。プールのタダ券もらったのですが、期限が今月いっぱいなので、使わないともったいないので行って来ます。(使わないともったいないというのが家を出る口実になりますね/笑)皆様、よい週末をお過ごし下さいね。

aqua写真は海ほたるから見た薄暮の東京湾アクアラインです。最近のコンパクトデジカメは手持ちで簡単に夕景や夜景も撮れるのでいいですね。車のヘッドライトを流したかったので、マニュアルでシャッタースピードを決めて、手すりを一脚代わりにして撮ってみました。ホンの少しブレていますが、こんなものでしょうね。常時、車に三脚を積んでおくと良いですね。以前は必ず積んでいたんですけどね。この写真が良いと思った方も、そうは思わなかった方も、下のランキングの応援クリックをお願いします。恐縮です。(梨本さん風 合掌)

お疲れさまでした。
ブログ村  日経225先物

日経225先物 人気ブログランキング

ビジネスブログ

『節とポイント』の改訂版が出来上がりました。トレード前もトレード中も意識して見て行きながら、シナリオを組み立てられるようお手伝いできたら良いと思います。詳しくは下のバナーから詳細ページにお進み下さい。今回ご購入の特典につきましてもお申し込みページに記載されていますのでご覧下さい。引き続きクレジットカードやコンビニ決済等もご利用いただけますので、お申し込み後にすぐにお読みになる事が出来ます。下のバナーをクリックすると発行元のホームページに移動します。電子ブックの詳細も事細かに書かれていますので、興味がある方は覗いてみて下さい。ご質問等は承ります。まずは節目をキッチリ押さえて、よりシナリオが描きやすいトレードを目指しましょう!
↓↓



私のお勧め証券会社岡三オンライン証券については、左側にバナーがございますので、そちらからご確認下さい。日経225先物トレーダーに人気の証券会社です。

デイトレード講座もお問い合わせいただき感謝しています。一緒に頑張りましょう!こちらをクリックして詳細をお読みいただけますと幸いです。


Mr.Hiltonの日経225先物リアルタイムデイトレード公開中
携帯電話からリアルタイムデイトレードへ


レンガ積みのお話
ある人たちがレンガを積んでいました。「何をしているのですか?」と尋ねると、一人は「レンガを積んでいます」と答え、もう一人は「教会を建てています」と答えました。同じ事をやっている人同士でも、このように答え方が違っています。

人間の視点は大きく二つに分けられると言われています。一つは虫の目です。出来る限り近くのものを凝視する視点ですね。トレードで言えば「目先どっち?」の判断をする視点になりますかね。出来るだけ直近の事象を判断する時に用いる視点と言えるのかもしれません。デイトレには非常に大事な視点だと思いますね。

二つ目は鳥の目です。これは虫の目より俯瞰的に見る目ですね。虫の目よりもちょっと引き気味で、俯瞰的に事象を捉える目の事です。虫の目が「目先どっち?」を判断する視点なのに対し、鳥の目は全体的な相場の方向性を判断する視点と言えるでしょう。

この二つは決して矛盾しませんが、時と場合によっては矛盾した視点になります。鳥の目では上なのに、虫の目では下という事はありえます。どのような判断基準にしても、それはありえます。ですので、結果的に鳥の目で上と判断していたにもかかわらず、虫の目が下だったので、とりあえず目先を取りに行ったら持ち上げられてロスカットになった・・・その後やっぱり上に行った・・・そんな経験はありますよね?

虫の目を最優先するのか、鳥の目を最優先するのかはどっちが良いという事は誰も言えません。時間枠をどこにおくのかなど、トレードスタイルによっても違いますし、ロスカットの許容度によっても違います。理想は鳥の目で見立てた方向に、目先どっち?を建てられるのが良いのでしょうけど、そういうチャンスが必ずあるとも限りません。あったとしても、必ずIN出来るとも限りません。そうなると、鳥の目を無視して虫の目だけで勝負する事も出てきますし、それはそれでロジックやルールに基づいているのであれば、全く問題ないと思います。

デイトレードの場合、普通は虫の目と鳥の目の二点を持てば良いのですが、さらに時間枠を長く取るような場合には、もう一つの視点「魚の目」が必要になってきます。魚の目は大きな流れを見る目です。昨日今日の動きではなく、一週間、一ヶ月単位で大きな潮流を見る視点です。実際に「投資」なるものはこの視点が最重要であり、この視点で見るものこそ本流の「投資」になりますね。

我々のやっているデイトレードは「投資」ではありません。デイトレーダーはあくまでデイトレーダーであって、本来、個人投資家などとたいそうな肩書きはつかないはずです。せいぜい「日計り投機家」が一杯いっぱいでしょうね。あまりカッコよくはないですね。でも、「博打打ち」と呼ばれるのとどちらが良いでしょうかね?私は「博打打ち」の方がわかりやすくて良いですけどね。「日計り博打打ち」は嫌ですけど。。。(笑)

少し話がそれましたが、相場を見る視点には大きく分けて三つの目線がある事はお分かりになったと思いますし、そんな事言われなくてもわかってるという方も多かろうと思います。どうも最近目先どっち?がうまくいかない、利食いになりにくい・・そんな気がしたら少し俯瞰的に鳥の目で見ると良いかもしれないですね。反対に、最終的な方向は合っているんだけど、目先で降られて降ろされちゃうな・・・と思ったら、少しだけ近づいて見てみると良いかもしれません。虫の目ですね。

しかし、虫の目も鳥の目も、いずれも判断する基準といいますか、ロジックがないといけません。近づいて見るためには、近づいて見る場合の判断基準が必要で、俯瞰で見るためには俯瞰で見るためのそれが必要なわけです。恐らく、何がなんだかよくわからないという方は、視点を分けて見ることが出来ない、つまり、判断基準がごちゃまぜになっているのではないかと思いますね。それならそれでどちらかの視点だけで勝負する方が得策かもしれません。どっちが強いのかはわからない、でも目先はこっち!と出来るのであれば、それはそれで立派な戦略だと思います。しかし、それが出来るのって意外とセンスが必要なんですよね。

トレーダーの中ででセンスの良い人って、スキャルピングが出来る人だと思います。ハッキリ言いますと、これだけは絶対にセンス、つまり博才ですね。努力してもなかなか難しいです。なんとなく・・に支配される部分が大きいですし、判断力や決断力に優れていないと無理ですね。それでも、さらに精度の高いスキャルピングをする人は、潮流も見ますね。つまり、目先を取りに行くのは同じだけれど、どっちに建てたほうが利食いしやすいかを判断しているわけです。その判断基準も持ち合わせているわけです。

書いているうちにレンガのお話はどこかに消えてしまいましたが、つまり、今、何をどうしようとしていて、どういう状況で何処に向かっているのかを、俯瞰的に見ておく事は大事だと言う事です。おそらく、「レンガを積んでいます」と答えた人は、レンガを積んだという事実だけしか残らず、教会を建てていますと答えた人は、教会が出来上がった時の喜びを共有出来る人だと思います。木を見て森を見ずとはよく言いますが、少なくとも相場の世界は木も森も両方しっかり見ておかないと生き残れない世界なんだと思いますね。

今日はこの辺で失礼いたします。よろしければ応援をお願いできますと幸いです。今週もありがとうございました。

来週の土曜日に六本木でお会いしましょう!
日経225戦略セミナー2010が7月31日に東京・トレーダーズ証券において追加開催される事になりました。もちろん私も講師として参加させていただきます。参加者の方々からもたくさんのご感想・ご講評を頂きました。それらを踏まえた上で、さらにすばらしい時間に出来るよう頑張りたいと思いますので、よろしくお願いいたします。詳細については主催者の案内ページにてお願いいたします。

私監修の電子ブックです。トレード前もトレード中も意識して見て行きながら、シナリオを組み立てられるようお手伝いできたら良いと思います。トレードに向かう際には、せめてポイントとなる位置関係の把握に努めたいものですね。詳細は販売ページにて
↓↓
Mr.Hilton監修の電子ブック「日経225先物講座/節とポイント」です。引き続きクレジットカードやコンビニ決済等もご利用いただけますので、お申し込み後にすぐにお読みになる事が出来ます。下のバナーをクリックすると発行元のホームページに移動します。電子ブックの詳細も事細かに書かれていますので、興味がある方は覗いてみて下さい。ご質問等は私が承ります。節目をキッチリ押さえて、よりシナリオが描きやすいトレードを目指しましょう!尚、今後、加筆した改訂版やバージョンアップしたものが出た場合でも(未定)その際は、今回、または以前に現行版をお求めの方は、改訂版は無償でお渡しする事が出来ます。諸事情からやむを得ず値上げした場合でも、その条件は変わりませんので、私の方からもお約束しておきます。詳しくは発行元ページにてお願いします。



応援いただけますと幸いです
ブログ村  日経225先物

日経225先物 人気ブログランキング

ビジネスブログ


Mr.Hiltonの日経225先物リアルタイムデイトレード公開中
携帯電話からリアルタイムデイトレードへ

日経225戦略セミナー2010が7月31日に東京・トレーダーズ証券において追加開催される事になりました。今回も私が講師として参加させていただきます。5月、6月と参加させていただいて、参加者の方々からもたくさんのご感想・ご講評を頂きました。それらを踏まえた上で、さらにすばらしい時間に出来るよう頑張りたいと思いますので、よろしくお願いいたします。詳細については主催者の案内ページにてお願いいたします。メールでやり取りをしている方が「私・・です。」と声をかけていただくと嬉しいものですね。そういう楽しみもありますので、私も今から楽しみです。

出来細のボラなし相場の一週間が終わりましたが、皆さんはいかがでしたでしょうか。ヒット&アウェイでうまくセルフコントロールとマネジメントが出来た方は、そこそこなんとかなったのでしょうかね。じっくり構えて成り行きを見守りながら・・・というわけにはいかない一週間だったのではないでしょうか。

私は一日だけは近場ではありますが、ちょっとした利食いの旅に出られたのですが、あとは近所の本屋かコンビニに入っては何も買わずに出てくるような日々でした。店員さんに「あいつまた来たけど何もかわずにすぐに去っていく・・いったい何をしに来てるんだろう・・・」そんな風に噂されますね。(笑)かなり脇を固めているので大きくは負けないにせよ、反面、固めすぎた部分もありまして、メンタル的にも愚図り相場の洗礼を受けてしまったかなーという感もございます。そういう意味では、動かない、動きが悪いという先入観に支配された一週間でもありましたね。

ワールドカップもいよいよファイナルです。オランダかスペインか・・面白い対戦だと思いますね。どちらが勝っても新たな歴史が刻まれる事となります。良い試合を期待したいですね。日本にとってはオランダが勝ってくれた方が、グループリーグでオランダに善戦した日本の評価も上がりますので良いのかもしれないですけどね。まあ私に言わせるとグループリーグは別物と思いますけどね。決勝トーナメントで当たっていたらコテンパンだったかもしれないですしね。それは誰にもわかりませんけど。。。

人生において戦ったり、勝負したりする時に、トーナメントと考えるのか、リーグ戦と考えるのとではとるべき手段も変わってくるものだと思います。サッカーの日本代表で言えば、最終戦のデンマークとの一戦を前にして、最も理想的なのはデンマークがカメルーンに敗れて、日本に勝っても決勝トーナメントに進めない状況だったと思います。所謂、モチベーションの低下したデンマークがありがたかったわけです。次の好条件は、デンマークは勝たなければいけない状況、得失点差で日本に遅れをとって、引き分けならアウトの状況です。実際はこれでしたね。最悪なのは、得失点差で日本を上回り、引き分けでもOKという状況ではなかったかと思います。もともと守りには定評のあるチームですから、ガチンコで守られたら、なかなか厳しかったと思いますし、勝たなければならない日本は、引いて守ってからの速攻などと、悠長なことを言っていられない状況も考えられたわけですから、戦い方も大きく変わってきたかもしれません。日本の戦い方を相手がやる事になったわけですから、場合によっては、3-1というスコアは逆になる可能性もあったわけです。

人生をトーナメントと考えるのが悪いとは思えないし、そんな事を言えるほどのものではないのですが、リーグ戦と考えた方が良い部分は多いと思いますね。好不調の波やバイオリズム等を考えた時に、いかに不利な状況の時に我慢して凌げるか、逆にそれらが良い状況である時にどんどん推し進められるか・・そのあたりの機微が重要であることを考えますと、失敗をいかに最小限で押さえ、成功をいかに大きく広げられるか・・それが生きていく上での成功の秘訣であると思いますね。やり直しの猶予もありますしね。

これをトレードに当てはめて考えるとわかりやすいと思うのですが、日々見ていればうまくかみ合わない日もありますし、相場のアシストがなかなか入らない時も良くあります。昨年来続く出来細、ボラなし相場では特にそういう日々が多くなってきます。その時に、日々全勝どころか一戦必勝を目指してしまうと、なかなか難しいものがあります。どうしても合わない時が出てきますので、一つ負ける事で多大な精神的苦痛を感じてしまうわけです。

よく、プロ野球で「捨て試合」なんて言い方をしますけど、長いリーグ戦を全て勝とうと思うと、早い段階で選手が消耗してしまうので、これはどう考えてもわが軍に不利と思えば、「負けてもよい」ピッチャーを先発させたりする事もあります。「負けても良いけど、打線の援護次第、相手のピッチャーの調子次第」で、「ひょっとして・・」のゲームを作るわけです。これも「リーグ戦」だから出来るわけで、例えば負けたらあとがない高校野球などは、「捨て試合」なんてありえないわけです。どんな相手でもガチンコでいきますから、見ている方は面白いし、感動もあるわけです。

ちょっと話が逸れましたが、トレードはリーグ戦で考えるべきだと思います。つまり、不利な状況では、次のゲームに影響の出ないように潔くゲームを捨てて、有利な戦いの時に出来るだけアドバンテージを稼ぐ事、つまりトレードは損を利が上回れば結果的に良いわけですから、サッカーで言うところの得失点差がプラスになれば良いわけですね。得失点差をプラスにするためには、所謂、損小利大にするしかないのですから、前述の戦い方以外にないわけです。今日は自分のスタンスで出来ないな、やらせてくれないなと思ったら、ひたすら逃げる事も大事ですし、不利な状況になったら、失点を大きくする前に最小失点で逃げておく事が、最後に得失点差をプラスにする唯一の方法であると思います。

それを全部勝とうと思うとどういう行動になるでしょうか。まず考えられるのは、「負けたくない」からやらないという状況です。つまり躊躇の連続になりがちです。躊躇は勝ちたいと思う時に起こるものではない事は以前にもお話したと思います。躊躇は負けたくない気持ちが引き起こします。よって、全部勝ちたい=全部負けたくないとなりますと、当然、躊躇が生じるわけです。もう一つが、ロスカットしないという行動が考えられます。これも「勝ちたい」よりも「負けたくない」から来る行動なのは、以前から私のブログをお読みの方々にはお分かりと思います。30円の負けを確定させたくない、負けたくないからせめて同値に戻るのを待って、ルールどおりに切れなくなる・・これが「負けたくない」事から来るのは皆さんも心当たりがある事でしょうね。

人生をリーグ戦のつもりで考えたら、戦略はたくさん生まれてくると思います。ですので、トレードも同じように考えないといけないわけですね。不利な状況下でいかにうまくマネジメントしつつ逃げる事を恥と思わないか、また有利な時は貪欲までに利を追い求めていくか、もうこの辺で・・と考えていると、最後の得失点差に泣く事となりますね。点は取れるうちに取っておく、失点は極力必要経費と割り切る・・昔から言われ続けている事ですが、これに勝る「手法」は未だに世に現れていないのが現実と思います。私も調子が悪いと感じると、トーナメントの様な感覚になる事が良くあります。自分を戒める意味でも、今日はワールドカップをヒントに思った事を書いてみました。乱文で誤字・脱字もあるかもしれませんが、なんとなく思うところがございましたら幸いです。

今、このトレードで負けても命まではとられません。今、このトレードで負けても恥ではありません。一番の恥は負けを認めない事で、生き残りの道を閉ざされた時です。また、負ける事を怖がって何もしない自分に気づく時です。負ける事に意味がないわけではありません。本当に負けたくなければ方法はただ一つ、トレードをやめる事しかないのですから・・・。

言い聞かせて来週に向かおうと思います。ありがとうございました。

知る人ぞ知る安定感が気に入り、メインツールとして使っている岡三オンライン証券については、左側にバナーがございますので、そちらからご確認下さい。未確認ですが必要書類到着後、およそ一週間で開設完了だそうです。また、使用方法は特に難しくはないため問題ないと思いますが、万が一、開設後に不明な点がございます場合のご質問等は岡三オンラインのサポートにお願いできますと幸いです。まだツールの選択で迷われている方は、とりあえず開設して使ってみて下さい。皆が良いという理由がきっとお分かりになると思います。

Mr.Hiltonの日経225先物リアルタイムデイトレード掲示板は下のリンクからどうぞ!ザラ場はほぼ休みなく書き込みをしています。まだご覧になった事のない方はぜひ一度見に来て下さい。ためになるかならないかは、あなた次第!

週末の応援をお願いできますと幸いです。
ブログ村  日経225先物

日経225先物 人気ブログランキング

ビジネスブログ


Mr.Hiltonの日経225先物リアルタイムデイトレード公開中
携帯電話からリアルタイムデイトレードへ

後場の詳細
後場はトレードなしでした。
----------------
ずーっと見ていても何か出来たかどうかはわかりませんが、今日はバタバタしすぎて集中が出来ないまま終わりました。明日は少しは落ち着けるかなー・・などと淡い期待を抱いて、きっと素晴らしい明日を迎えたいと思います。

後場はダブルボトム形成の所は良い形になっていましたが、10125では入れなかったような感じですね。(後から見ているのでなんとも言えないです。)次に付けたところもOKだと思いますが、最初にフラれたらあそこは自重したと思いますね。なにより10125ではロスカットがややこしい気もします。えーい!とやらないと難しいかもしれませんね。私だったら10105待ちで来ないまま終盤を迎えて、二時前後で来なかったらそのまま終了だったでしょう。10100割れでロスカットならなんとか意味合いも生じるかなーなどと思っています。でも、難しい位置には違いないですね。

よくわからない、非常に迷う時は後ろで引いて待っていた方が良いのかなーと思ったりします。でも、良い負け方だけを考えると、ジャンピングキャッチはご法度ですし、果敢に行く事が勝利への近道と考えれば、約定重視は悪い選択ではないですね。時々迷う場面がある事は事実です。迷うような所でやらなければよいのですが、ここ数日の様な相場は、結構迷うんですよね。いったん含み損になると、有利な方向にひっくり返るにも時間がかかりますので、出来るだけ引き付けて・・・になると、INの機会は逸しますし、ジャンピングキャッチすると、大して取れないのに、ロスカットのリスクは同じかそれ以上とらなければならないので、割りに合わないと考えますと、やはり分が良いとも言えません。こういう相場は、そのような局面が多くなってきます。

まあ動かない相場を嘆いても仕方ないので、判っている時にタイミングが合えばやればよいですね。そこでやらずに他でやるなんてもっての他ですし、後で振り返って、「あそこはわかっていたのに・・・」となったら最悪ですね。こういう相場は、やりにくいから普段やる事を自重する・・自重したけど、結局は普段やる事をやらないわけだから他の事やるわけにはいかない、しかし、何かしないと一体今まで何をやっていたんだと自責の念に駆られる・・・そんな感じでしょうかね。誰にでも経験のある事と思います。

わかっていて出来ない事は、わからなくて出来ない事よりも罪である!

それではまた明日に!

Mr.Hiltonの日経225先物リアルタイムデイトレード掲示板は下のリンクからどうぞ!ザラ場はほぼ休みなく書き込みをしています。まだご覧になった事のない方はぜひ一度見に来て下さい。ためになるかならないかは、あなた次第!

業務やサポートに少し余裕が出てまいりましたので、またご案内出来る事になりました。前回版に加筆させていただいたものが出来上がったようです。トレード前もトレード中も意識して見て行きながら、シナリオを組み立てられるようお手伝いできたら良いと思います。
↓↓
Mr.Hilton監修の電子ブック「日経225先物講座/節とポイント」です。引き続きクレジットカードやコンビニ決済等もご利用いただけますので、お申し込み後にすぐにお読みになる事が出来ます。下のバナーをクリックすると発行元のホームページに移動します。電子ブックの詳細も事細かに書かれていますので、興味がある方は覗いてみて下さい。ご質問等は私が承ります。節目をキッチリ押さえて、よりシナリオが描きやすいトレードを目指しましょう!尚、今後、加筆した改訂版やバージョンアップしたものが出た場合でも(未定)その際は、今回、または以前に現行版をお求めの方は、改訂版は無償でお渡しする事が出来ます。諸事情からやむを得ず値上げした場合でも、その条件は変わりませんので、私の方からもお約束しておきます。詳しくは発行元ページにてお願いします。



頑張りましょう!
ブログ村  日経225先物

日経225先物 人気ブログランキング

ビジネスブログ


Mr.Hiltonの日経225先物リアルタイムデイトレード公開中
携帯電話からリアルタイムデイトレードへ

なにもこんな時間にブログを更新せずとも良いと思いますが、今日は6時には家を出なければなりませんので、寝坊しては・・・と緊張のあまり、4時半に目が覚めてしまいました。もう少し横になって・・と思いましたが、二度寝になると次に起き上がるのがしんどいので、とりあえず夕べの残り物のクリームシチューを食べて、シャワーを浴びて、時間調整をしています。

今週の相場はいかがでしたか?所々でトレンドが発生していましたし、五月より続いている出来高の安定はそのままだったと思いますが、先週までと比べたら、少しザラ場の動きが限定的になっているようにも見えますね。良い所で入れたかどうか、入った後にも動きが継続していたかどうかが分かれ道で、判断を早めに持ってくる方は利益を伸ばすのは苦労したんじゃないかと思います。ここは!と決め打ちした時はさほど反応せず、打診で入った時の方がレスポンスが良かったりして、そのために、良い所で折り返しているにもかかわらず、約定が難しかったりというのはあったと思います。木曜日の前場の安値からの切り返しなどは、かなりの人が地団太を踏んだのではないでしょうかね。あそこから下は、仮に抜かれかかってもそう焦る所ではないので、気分良く「ロング!」と行けたならどんなにハッピーだった事でしょうか。

いくら狙っている所で良いレスポンスがあったとしても、一発で来ないとか、来てもその時のレスポンスが非常に悪いとか、そんな事があると、なかなか付き合いきれないものはありますね。セカンドタッチにしても、一発で来たと仮定して、利食いが入ってしまった位置から戻ってのセカンドタッチは心理的に嫌なものですね。私は大抵は一旦外しますね。それで今度は逆に行かれたら気分悪いですから、大抵は外します。でも、セカンドタッチの方がその前約定したと仮定した時よりも、さらに良いレスポンスになって、グイグイ伸びていったら嫌なものですね。ですので、どっちが良いとは言えないものはあります。要は結果が出た時にどっちが悔しく思うかの問題なので、損失の恐怖が利益獲得機会の逸失の恐怖を上回ればスルーですし、その反対なら果敢にINという事になるでしょうか。

ただ、人間は直前に起こった事例の影響を受けやすく出来ているので、セカンドタッチが上手く反応したとしても、その前に一旦+20まであったという事実があると、それ以上は我慢するのは難しくなる事は事実かもしれません。一度良いレスポンスを見せられれば、さらに良いイメージをもてるかどうかは個人差があることでしょうけど、人の持つ、利益獲得機会の逸失の恐怖は結構性質が悪いものです。

利益獲得機会の逸失の恐怖で最もわかりやすいのが、目先の+10を確保したくてしたくてたまらなくなるあの心理の根底にあるものと言ったらわかりやすいかもしれません。それは+10の含み益を今利食いしなければ0に戻ってしまう・・つまり、せっかく利益が出ているんだから、ここで確保しなければ利益を取れないどころか、損失にもつながるかもしれない・・そんな感情に支配されるそれです。その根底にあるのが、利益獲得機会の逸失の恐怖になりますね。ですから、利益は手前に手前に置く習性が我々人間にはあるわけです。

これらの心理は、メンタルが弱いから起こるのではなく、極当然の心理状態ですので、そうなったからといって、それを嘆く必要もないのですが、トレードで勝つためには何らかの形で克服しなければいけない心理状態とは言えます。しかし、先ほどのセカンドタッチの際のお話のように、相場はこのように人が人らしく考えて行動する事を許してくれない側面もあります。利益を追いかけ、損失を限定するプロセスには、普通の人の取る行動と逆の行動が求められたりするわけです。これも、ある意味試されている事になりますね。誰かが試しているという事ではなく、結果的に試されてしまっていると言えるでしょうか。

でも、トレードだけではなく、生きていく上で試されている事なんてたくさんあると思うのです。主に苦難がそれにあたりますが、それらに対して、どう考えるか、どう向き合うかで進む道は変わってきます。試されている事でそれを克服する事が出来れば、人として一つ上のステージに立つことも出来ますし、トレーダーとしても、自立したトレーダーに一歩近づく事が出来るでしょう。さらに進めば、試されているなんて仰々しい考え方は消え去り、それらの事が全て愉快に楽しくなったりするかもしれません。苦難があればあるほどそれを乗り越えようとするにあたり、とてつもない集中力を発揮して成果を上げる人も世の中にはいます。

トレードをするにあたっての苦難なんて、生きていく上で何度となく押し寄せる苦難と比べたら、たいした事はありません。しかし、人が人らしく行動したら負けるのがトレードとすれば、どこかでモデルチェンジしないといけないですね。多分、それは相場の中で解決できる問題ではないと思います。相場の外側で何らかの工夫をしなければいけないわけです。野球の選手がスランプになったら、単にバットを振って振って振りまくるだけでは、そのトンネルからは出られないですよね?プロに入れるだけの技術を持っている事は事実なわけですし、それまでそこそこ打っていたのも事実とすれば、スランプに対するメンタルの占める割合はとても大きいはずです。ですから、今はスポーツ選手の多くはメンタルトレーニングも取り入れています。スポーツの事はスポーツの中だけでは解決できない事がわかったからです。トレードも同じです。相場の中だけでは解決出来ない事を、相場の中で悩むから余計ブルーになるわけです。

どうやってメンタルを改善していくのか、それらはまたゆっくり書きたいと思いますし、以前にも一部を書いた記憶があるので、過去の記事から探してみて下さい。ばかばかしいほど単純な手法で、意識が少しづつ変わってくると思います。ただ、手法やロジック等に対してメンタルが優先する事がないのも事実です。野球の選手もプロには入れるだけの技術があるから+メンタルでさらに良い選手になっていくわけで、そのバックボーンがない事にはメンタルの一人歩きはありえません。気持ちだけで勝てるほど甘い世界でない事も付け加えておかないといけないですね。

そろそろよい時間になりました。この時間なら道はガラガラでしょうね。安全運転で行って来ます。

それではまた!よい週末をお過ごし下さい。出来ましたらブログランキングの応援もよろしくお願いたします。

今週もありがとうございました。
ブログ村  日経225先物

日経225先物 人気ブログランキング

ビジネスブログ


Mr.Hiltonの日経225先物リアルタイムデイトレード公開中
携帯電話からリアルタイムデイトレードへ

本日は六本木の泉ガーデンタワー34階のトレーダーズ証券において、日経225実践セミナーの講師として行ってまいりました。システムトレードのセミナーや、トレーダーズ証券のトレードスタジアムを使った、自動売買システムのご説明もあったりで、私自身も出待ち中に勉強させていただきました。

セミナーの参加者の方々の眼差しが非常に鋭く、また好意的であった事がとても印象的でした。私はマンツーマンでトレードのお話をさせて頂く事には慣れていますが、一対多でお話しする事には慣れていませんので、正直、とても不安でした。しかし、一旦話し始めますと、夜の六本木で鍛えたマシンガントークは健在だったようで、持ち時間90分の予定が120分になってしまいました。(汗...)それにしても、驚くほど遠方からお越しの方もいらっしゃいまして、ビックリでした。参加された方々には心より感謝申し上げたいと思います。また、私のサムいジョークにも無理やり?笑って頂き恐縮でした。(笑)今後とも、お互いに頑張ってまいりましょう!

帰り際、出口でご挨拶をさせて頂きましたが、お越しの方々皆さん紳士的で、「ブログ読んでますよ〜」と言われたりしますと、とても嬉しいものですね。そもそも、ブログとか掲示板て、一度お会いしたり、お話した事がある方々の息遣いは感じる事が出きるのですが、それ以外の方々については、見えてこないものです。当たり前といえば当たり前なんですが。。。ですので、こうやってセミナーで顔を合わせたり、メールを頂いたりしますと、少しだけパソコンの向こう側の世界が垣間見れた気がして嬉しいものなんですよね。

普遍的な事に基づいて、人間の持つ普通の心理状態を以って行動すれば、相場では負けます。これは常日頃からブログの心理関係のページ(ページ左のカテゴリー内にあります)で何度も記事を書いていますが、普通の心理状態でトレードを行わないためには、王道的ではありながらも、ありふれていない考えに基づいて行動しなければなりません。「人の行く 裏に道あり 花の山」とは、人と逆の事をやりなさいという教えではなく、発想を人と違う所に置きなさいという意味だと思っています。

人と違う事をやるという発想ではなく、同じような事をやりつつも、どこか俯瞰的に相場を見なければいけません。俯瞰的というのは、相場を点で見るのではなく、ひとつの線として捉える感覚でしょうか。点で捉えるにはすぐ間近でを凝らしてローソク足を見ればよいのですが、線で捉えるとなると、少し引いて見なければ見えませんね。つまり総合的だったり、複合的だったりしないといけないわけです。

節やポイントを使ってトレードに生かす場合でも、その節やポイントを複合的に生かせる所に気づかないといけないわけです。では、それに気づくためにはどうするかといいますと、目を凝らして今作られようとしているローソク足にばかり集中していたら、大局的な見方が出来ないので、それは叶いませんね。もっと視野を広げないといけないわけです。つまり平面で点として相場の動きを見るのではなく、やや上から、全体が見渡せるように見る必要があるわけですね。それが俯瞰的に見るという事になるのですね。

相場は美人投票などと言いますが、これもだいぶ以前に記事に書いたと思いますが、誰が美人と考えるのは、普遍的な考えになります。そうではなく、美人投票によって選ばれるミス○○は誰?と考えるのが、いわゆる、ありふれていない考え方だと思うのです。トレードで勝てないのは、自分が誰に投票するかを考えてしまうから、総意が見えなくなるのですね。私はこう思うけど、他の方々はこう思うに違いない・・そう考えられる方々が相場に勝つ方々なんだと思います。少し抽象的ですが、なんとなくニュアンスはご理解いただけたと思います。

真面目に取り組む事は何事においても大事です。まずはそれが大前提なのですが、悲しいかなそれだけで勝てるほど甘くはありません。必要条件ではありますが、十分な条件ではありません。そこにプラスして、何らかのエッセンスが混じってこないと、負け組90%の仲間入りになってしまいますね。そのエッセンスが必勝法などというありもしないものではない事は当たり前のことです。必勝法のエッセンスを求めてしまいますと、退場するまで袋小路から出て来れなくなるのですね。負けても良い、その負けが自分にとって正しい行動をした結果ならば、その先続ける事が出来ます。しかし、そうでない場合は、そこで止まってしまいます。止まらないとしても、その先もっと大きな痛手を負う事もあるでしょう。そうなると、経験則が身につくまでに、相場の世界からいなくなってしまう事となります。勝つためのエッセンスとは、相場をリスクマネジメントを含めた、相場を俯瞰的に見られるようになるコツみたいなものではないでしょうか?

当たり前のことを当たり前にやるという意味は、普遍的で皆が知っている事を淡々とやる事とは違います。そうではなく、自分にとって正しいと信じている事を淡々と正しく行動する事です。そのためにも、王道的ではあるけども、決してありふれてはいない何かを身につける努力は大事なんだと思います。さらに、それを持つ事で、相場を俯瞰的に見られるようにする努力が一番大事なんだと思います。点で見えたものは自分の背中を押してはくれませんが、線で見えたら押してくれるものです。裁量トレードはINもOUTも自分の裁量で決まります。システムトレードはINとOUTをあらかじめ決めてあります。その分、裁量トレードの方が、背中を押してくれる動機付けが難しいわけです。ですから、上手に背中を押してくれるように相場を見る必要があるわけですね。

同じくセミナー講師としてお見えになった社長のブログです。ご自身で難しい解析をされてプログラミングなさっているとの事。もちろんトレードパフォーマンスも素晴らしいですが、人柄も暖かくて良い方です。
ブログ「テクニカルアナリスト・・・時々、代表取締役」はこちら


泉ガーデン写真は泉ガーデンタワー34階から見た六本木界隈です。今日はあいにくモヤっていて、ヌケが悪かったですが、こんなロケーションでお仕事をされている方々が、少しうらやましいですね。少し下の階には、かのクレディスイスも入っています。来週は売るのか買うのか教えてくれないですかね?(笑)それにしても、地上にいると同じような風景にしか見えなくても、こうやって高い所から俯瞰で見ると、本当に良く見えますね。同じ街でも見え方がまるで違います。

Mr.Hilton監修の電子ブック「日経225先物講座/節とポイント」です。クレジットカードやコンビニ決済等もお使いいただけますので、お申し込み後にすぐにお読みになる事が出来ます。下のバナーをクリックすると発行元のホームページに移動します。電子ブックの詳細も事細かに書かれていますので、興味がある方は覗いてみて下さい。ご質問等は私が承ります。節目をキッチリ押さえて、よりシナリオが描きやすいトレードを目指しましょう!



今週もありがとうございました。

ブログ村  日経225先物

日経225先物 人気ブログランキング

ビジネスブログ


Mr.Hiltonの日経225先物リアルタイムデイトレード公開中
携帯電話からリアルタイムデイトレードへ

私がセミナー講師として参加しますv( ̄∇ ̄)v
実践セミナー2010の詳細はこちらから

後場の詳細
後場は所用のためお休みしました。
----------------
後場はスカイプ勉強会でしたので、相場は見ていました。値幅はともかく、予想よりも動きがあったようには思います。あれなら最低限はトレードになるんじゃないですかね。13:30過ぎた所での逆張り買いは良い所だったと思いますが、我慢したかどうかはわかりませんね。今日は前場で連敗しましたので、意識は後ろ向きになったかもしれません。前場は噛み合わなかったですからね。

10200手前で折り返しましたので、少し天底での動きは掴み所がなかったというところでしょうか。特に私は前場に底付近で二度やられていますからね。(笑)二回目のINは少し後悔しています。負けたからではなく、やらなくて良い所に大声上げて突っ込んじゃいましたから、あれはダメですね。我に返って「まずい・・」と思った時に小さく切れなかったのが後悔の全てです。少し厳しかったです。

寄付きから相場を見ていくと、途中で「合っていない」事に気づく事があります。そういう時は大体ズレたまま進んでしまうので、レスポンスが悪ければ早めに切る事にしていますが、妙に腹をくくってしまう事がないですか?普通は、IN後に含み損になった時ほど腹がくくれます。逆でないといけないんですけどね。悪い流れの時ほどそうなるんですよ。負けている時などは利食いが妙に早くなります。心当たりはないですか?(笑)

勝ってリズムを変えたいと思って10円取った途端に50円走られたり・・・。もう負けたくないからロスカットを引っ張ってやっぱり50円走られたり・・・。大体こういうパターンになる事が多いはずですよ。だから今日は今ひとつ・・・と思ったら、深追いはしないに限ります。結局は勝ってる人ってそうなんだと思いますよ。ある意味、万能や全勝を求めない潔さがあるから勝てるんじゃないでしょうかね。

ただし、問題は「合っているんだか、そうでないのかわからない」状態の場合です。ある程度、手法が確立されているのであれば、それに合っている動きをしているかどうかは実感できますが、そうでないとわからないわけです。手法に万能は求められないわけですから、わかっていればそうなるのは当然ですね。ですので、合わんな〜と思える何かがある事が、自分が正しく相場と向き合っている証明にもなるわけです。そういう日が必ずあるはずですし、それについて悩む必要はないと思うのです。わかっていればとりあえずは前に進めますからね。それでよいのだと思います。

そんなわけで今日は前場だけで終わりましたが、ダメトレデーになったので、明日は少なくとも「えいや〜!」はやめておきます。明日も後場はスカイプ勉強会ですので、前場に博打をしないようにジックリ行くつもりですが、それでも早い時間にはしっかり集中して、一回完結を目指そうと思っています。お互いに頑張ってまいりましょう!

今日は夕方に時間があったので、メールのお返事は全て済んだと思います。様々なご意見やご感想、ご質問を頂き、私自身も非常に良い勉強をさせていただいております。全ての方々に感謝したいと思います。また、お便りは気後れせずにお送り下さい。H.Nかお名前があれば、メールを書きなれていない方でも、全く問題ありません。

今後のヒントとなるような気の利いた事はお返事できないかもしれませんが、胸のうちをさらけ出すだけで違ったりするものです。良い意味で利用していただけたら幸いですね。面白い話があってもなくても何となく楽しいものじゃないですか??それで良いのだと思います。

それでは本日はこれにて失礼いたします。明日も「ロスカット上等!」で頑張ってまいりましょう!(笑)

Mr.Hiltonの日経225先物リアルタイムデイトレード掲示板は下のリンクからどうぞ!ザラ場はほぼ休みなく書き込みをしています。まだご覧になった事のない方はぜひ一度見に来て下さい。ためになるかならないかは、あなた次第!

Mr.Hilton監修の電子ブック「日経225先物講座/節とポイント」です。クレジットカードやコンビニ決済等もお使いいただけますので、お申し込み後にすぐにお読みになる事が出来ます。下のバナーをクリックすると発行元のホームページに移動します。電子ブックの詳細も事細かに書かれていますので、興味がある方は覗いてみて下さい。ご質問等は私が承ります。節目をキッチリ押さえて、よりシナリオが描きやすいトレードを目指しましょう!尚、好評を頂いている電子ブックですが、販売本数の調整ならびに発行元業務との兼ね合いを考えまして、5月27日をもって一旦終了させていただく事となりました。その後につきましては未定とさせていただきます。あらかじめご了承下さい。たくさんの方々のご理解、どうもありがとうございました。



お疲れ様でした。明日もお互いに頑張りましょう!
ブログ村  日経225先物

日経225先物 人気ブログランキング

ビジネスブログ


Mr.Hiltonの日経225先物リアルタイムデイトレード公開中
携帯電話からリアルタイムデイトレードへ

外からブログを書いています。素晴らしい天気に恵まれた連休になりましたね。雨の心配も全くなく、夏を思わせるような日差しもあり、行楽でお出掛けの方々は楽しい連休になった事でしょうね。私は病院に行ったり、所用で出たりしていますので、連休気分を満喫というわけではないですが、早寝早起きが習慣づいて良かったです。午前0時を過ぎますと眠くて仕方ありません。それまでのハードスケジュールの反動でしょうか、やたらと眠くて仕方ないですね。寒い日が続いたので、その間の体力の消耗も激しいものがあったのでしょう。バタバタしましたが、良い休息にもなりましたね。

連休中に頂いたメールについては、お返事することが出来なかったので、明日の夜か連休明けに必ず返信しようと思っていますので、しばらくお待ち下さいね。励ましやお見舞いのお便りも大変嬉しく思います。心理関係のページを全てプリントアウトしてお読みになったとか・・そんな方もいらっしゃって、非常に励まされますね。ちなみに120ページあるんだそうです。もっとまとめて、体裁や表記を吟味して本を出しましょうかね。(笑)実際に、そういうお話も来ている事は来ているのですが、今の私にはイマイチ自信がないですね。でも、そういう事は自分のやりたい事の一部でもありますので、そのうち実現できたら良いと思っています。その時は是非アマゾンででも買ってくださいね。(笑)

最近、昔からの友達が、地域などで社会貢献している事を知る機会が多く、以前なら、面倒くさい事をようやるわ・・と思っておしまいだったのですが、最近は人の役に立つ事の大切さがわかるようになり、それがうらやましくも思えるようになりました。人のやる事について批判するだけではなく、まずは自分がどうするのか、どうすべきなのかを考えることは大事ですね。実はこれはトレードにも大事なのですよ。

多種多様な情報が手軽に手に入る昨今、人がどうするのか、どうしてるのかは気になるところなのは、気持ち的には理解できます。うまくいっている人の情報などをみると、うらやましくも思ったり、自分のトレードと違うポジションだったりすると、凄く気になるのかもしれません。終わってからの結果を見て、理解不能のポジがあったりすると、一晩中その意味を考えたりして、この人はどうしてそのポジションを取るに至ったのかを考えたりする事もあるかもしれません。

参考までに・・のつもりが、結果的には、その情報に翻弄されたりする可能性もあるわけですね。しかし、上手になろうとしているプロセスでは、そのような情報が気になるのは仕方ないにしても、最低限、このロジックやルールで行こうと決めたら、そのような情報は、極力入り込まないようシャットダウンして、まずは「自分だったらどうするのか・・」を考えなければ、結局は自立したトレーダーになるのは難しいのではないでしょうかね。

年に何回もないですが、私のリアルタイム掲示板を見て、ロスカットした時に「あんた、今のは売りに決まってるだろ・・」などとこれまたリアルタイムでメールを頂く事がありましたが、考えてみれば、そんな事を言い切れる人が、他人の掲示板をリアルタイムで見ているはずがないわけで、言い切れない何かがあるから、他人の動向を目を皿にして見てるとも言えるわけです。ですので、私は気にならないどころか、自分より上手ではない人、苦しんでいる人はたくさんいるのだろうな・・と思うので、かえって気が楽になったりするものです。

だからと言って、全く見る必要がない、見てはいけないといっているわけではありません。要は見方が大事だという事です。まずは、「自分だったらどうするのか・・」を考えて行動出来なければ、そのような情報は邪魔にはなれど、味方にはなりません。「自分だったらどうする・・」を考える事が出来なければ、少なくともそれが出来るようにしないといけないと思うのです。そのような情報を生かすも殺すも、あくまでも自分の取り組みが正しいかどうか、正しく行動する事が出来ているかどうかが、非常に大事なわけですね。

人がどうするのか、どうしているのかは気になるのは、ある意味、人として当然のことかも知れません。しかし、それらの情報が入る前に、まずは「自分だったらどうする・・」を考えて行動しないといけません。そうではなく、人の事が気になって気になって・・という人は、多分、「自分だったらどうする・・」と考え行動する何かを持っていないと考えて間違いないと思います。

ネットの情報はあくまでも他人の事です。トレードにはそのような情報が大事なのではありません。あくまでも、自分がどうするのか、自分がどうしたのかが重要なのですね。人がどうするのか、人がどうしたのかの情報を自分のものにするのかどうかは、少なくともそう考えて行動出来る何かを持ち、全てに優先してそのように考えられる人と言う事になりますね。

今日はこの辺で失礼いたします。今日で連休も終わりです。休み明けが良い相場になりますように・・・。

Mr.Hilton監修の電子ブック「日経225先物講座/節とポイント」です。クレジットカードやコンビニ決済等もお使いいただけますので、お申し込み後にすぐにお読みになる事が出来ます。下のバナーをクリックすると発行元のホームページに移動します。電子ブックの詳細も事細かに書かれていますので、興味がある方は覗いてみて下さい。ご質問等は私が承ります。



連休明けは頑張りましょう!

ブログ村  日経225先物

日経225先物 人気ブログランキング

ビジネスブログ


Mr.Hiltonの日経225先物リアルタイムデイトレード公開中
携帯電話からリアルタイムデイトレードへ

こんにちは!
連休に突入しました。道路は今日が下りのピークになるとの予想です。私は午後に少し出ますので渋滞が心配ですが、ノンビリと行こうと思います。明日からは病院との往復の日々になると思いますので、精一杯の看病ですね。

四月の相場も終わりました。前半は、三月の相場の様相を引きずっていましたので、相変わらずの状態でしたが、後半になって少しブレが大きくなってきたので、少しだけ引っ張れる状況になりました。なにより、ロスカットにはなりにくい相場になっていたんじゃないかと思います。良い傾向なんですが。。。昨日は連休前の相場でしたので、大方の予想通りの展開になりました。由々しき高値膠着でしたね。値段が勝手につくわけではないので、動かし手不在の相場では、ああいう動きも必然なんでしょう。

しかし、あのような動きの中でも、目先の動きを計る兆候もしっかり出ていたので、全体的な動きのパターンは、普通の状態になっていたと思います。そこがしっかりすれば、節目も生かせるので、ストレスは軽減しますね。打診でのINが多くなる状況ですと、逃げ足を早めないといけないので、やや苦労します。レスポンスが良ければ問題ないのですが、昨今の出来高では、寄り付き直後などでないと、我慢我慢の連続となります。

出来る限りひきつけて・・と考えますと、動きの良い時間ではついていけないですし、出来る限り引き付けて・・・が罷り通る相場は、その後の愚図りを容認する部分もありますので、難しいトレードになるわけですね。動きがないと難しいというのは、ここの部分に大きな要因があるわけです。終わったあとのチャートを見れば、もっとなんとかなりそうなものなんですけどね。リアルタイムではそうは問屋は卸しません。極めて優秀は先人者達の英知を終結させても、万能には行き着かない以上、出来る時、取れそうな時に頑張るしかないわけです。この頑張りどころがわかるかわからないかが、ある意味全てだったりしますね。

野球で言えば、優秀なピッチャーほど、勝負どころとそうでないところの力の使いどころを変えてきます。局面や相手との力関係を把握する能力、すなわち機を見るに敏なわけですね。勝負どころがわかっている、勝負どころを感じる能力が高いのでしょうね。だからここという時には、全力で厳しいボールを放って来ます。一試合を通して、ずーっと全力でいったら、一試合ではともかく、シーズンを通してもちませんね。トレードも同じような側面があると思うのです。一日が終わったあとに振り返ってみて、今日は勝負どころでいけたかどうか・・・それが凄く大切なわけです。なんとなくやって、運よくなんとなく勝っても、次はなんとなく負けるのが相場です。しかも、勝ちより負けの方が大きくなってしまう・・・これでは、続けるのは難しいと思いますね。

目先の勝負にこだわるのはある意味大事ですし、そこを無視したらデイトレードをする意味はありません。それはそうなんですが、続けなければいけない、生き残らなければいけない事が重要なんですから、なんとなくやって勝つ事よりも、意味のある事をやって負けた方が、有意義とも言えるわけです。しかし、そう思えないのが人間ですから、やはり負けたくないと考えます。しかし、負けたくないと動きのある所は怖いので、止まってからINしたり、大きな陽線を確認してから買っていったり陰線を確認したら売っていったりします。その陽線や陰線がどのような意味を持つかなんて、後になってみないとわからないですから、それだけではサムいトレードになってしまいますね。もっとも、検証してルール化したものならば、話は違ってくるのでしょうけどね。

直近の愚図り相場はから得るものって、そんなにないと思いますが、唯一、人が人らしく行動すると、相場は勝てない事の説明はつきやすいと思うのです。少しでも勝ちたい、しかし少しでも負けたくない・・こんな相場だから特に・・・メンタル的にそういう方向に向かうと、損が大きく利が小さくなるのですね。そして、もっとも懸念すべきは、今はややロスカットが遅れても大きな怪我にはなりにくいですが、相場が動き出した時に、今の感覚が抜けませんと、利益は小さく、損はより大きくなります。動きが出たら余計に怖いから、むしろ、さらに利食いは早まってしまい事だって考えられます。そうなると、勝つ事なんて絶対に不可能ですね。長い目で見ると、愚図った時にはなるべく近寄らない方が良いというのは、そこに理由があると思うのです。

勝てる時により勝っておかないと、お金は残らない事を考えますと、勝てる時により勝てるメンタルにカスタマイズしないといけないのに、これでは反対方向に行ってしまいますね。しかも、無意識のうちにそうなってしまうわけです。これが、人間が人間らしく行動する結果なんですね。

今日はこの辺で失礼いたします。連休中にお出かけされる方は、どうか道中気をつけて行ってきて下さい。楽しい連休となりますように。。。また、連休中どこかで更新すると思いますので、ランキングの応援も引き続きお願いいたします。それではまた!

Mr.Hilton監修の電子ブック「日経225先物講座/節とポイント」です。クレジットカードやコンビニ決済等もお使いいただけますので、お申し込み後にすぐにお読みになる事が出来ます。下のバナーをクリックすると発行元のホームページに移動します。電子ブックの詳細も事細かに書かれていますので、興味がある方は覗いてみて下さい。ご質問等は私が承ります。



連休中もよろしくお願いいたします。有意義な連休を!

ブログ村  日経225先物

日経225先物 人気ブログランキング

ビジネスブログ


Mr.Hiltonの日経225先物リアルタイムデイトレード公開中
携帯電話からリアルタイムデイトレードへ

こんばんは!
今日は不安定な空模様でした。久々にお天気雨もあったりしましたが、とても暖かい一日でした。所用の際に通りかかった公園の駐車場は満車でした。今年は花見にならなかった方も多かったのではないかと思いますので、ようやく「酒が飲める」と集結したのかもしれないですね。もちろん運転はママのお仕事なのでしょうね。

今週は病院に詰めていたりもありましたので、非常にタイトなスケジュールになりましたが、今日はとりあえずまったり過ごそうと思っていました。しかし、午前中に子供の使っているDSの液晶に不具合発生で、その後は修理依頼やらなにやらで、バタバタしていました。以前に使っていたDSの液晶も不具合が出たまま放ってあったので、ついでにそれも実費でなおしてもらう事にしました。しかし、二台のDSがしばらくは一台になるわけですから、G.WはDS戦争間違いなしでしょうね。(苦笑)取り合い、引っ張り合いでそちらも故障者リスト入りなんて事にならない事を祈ります。

相場の方は、三月と明らかに違いますね。終日の値幅自体にさほど変わりはないですが、動き自体は少しだけ見るべきものがあります。値幅はともかく、動きが変わってくれば良い兆しではないでしょうかね。ここで、寄り付きの動きが読めるような日々になってくれば、もっと値幅は出るはずです。私が相場の質を判断するのに、寄り付きの動きが一つのバロメーターになっていますので、そのあたりが変わってくれば、もう心配はないのですがね。どうなるでしょうか。

長い事やっていますと、「ん?これは・・・」と第六感的に相場の流れの変化といいますか、流れの違いにピンと来たりします。まだそういうレベルではないと思いますので、明日はともかく、G.W明けには少し潮流の変化が見れると良いと思います。そうなると何が違ってくるかと申しますと、集中力が出てきますし、やる気自体が全く違ったものになります。結果はどうあれ潔さが出てきますので、メンタル的に楽が出来ます。これで負けても・・と思えれば、損小利大を達成するためにはOKなわけですから、そういう動きに越した事はないと思いますね。厳しい状況を潜り抜けてきたわけですから、なんとかお宝にありつきたいものではあります。

方向を考えて、節など基点になる所を生かすのがトレードの王道と考えますと、方向感があるなしは非常に重要ですね。出来れば行って来いではなく、適度に押しや戻りを入れながら、トレンドが出てくれたほうが良いのに決まっています。出遅れて乗れなければ、逆に張れる所で押しや戻りをいくらかでも取れればよいですし、じっくり押しや戻りを待つのも良いですね。そんな相場が戻ってくれば、王道的な事をやっているトレーダーしか残れませんから、ノイズも減ります。万事、良い事づくめなんですけどね。そうはうまくいかないのが世の常とは言えど、そういうプランが描けるだけでも、モチベーションが違ってきますから。

電子ブックの発行元のメール講座でも触れましたが、私は、トレードにおいては、シナリオを描けるかどうかで、かなり大きな違いが出てくるものと考えています。シナリオを描くと言う事は、決して全てを決め付けると言う事ではなく、自分の打てるパターン、タイミング等をあらかじめ決めておいて、そうなったらこうする、ああなったらこうするというように、ロスカットをした後とか、目先の動きについていけなかった、狙っていたけれど約定しなかった、そんな時に次の一手を条件付で決めておくという事になります。そうすれば、ガッカリする気持ちも低減しますし、何よりも、その場で慌てなくてすみますからね。条件付なわけですから、暇だからとか、何も出来ない事にいらだってとか、単になんとなくという気持ちでのエントリーもしなくなります。そもそもロスカットポイントが意味のあるポイントにあれば、そうなってしまったと言う事は・・・と目線も変えられると思いますしね。降りて売りなおしや買いなおしもシナリオなしには、なかなか果敢には出来ないですからね。

それには、シナリオを描きやすい相場が良いのに決まっています。描きやすい相場とは、もれなくどこにでもチャンスがある、金太郎飴みたいな相場ですが、そこまでいかなくても、せめて前場だけはしっかりとチャートに傾きが出るとか、基点となる位置でのレスポンスが良いとか、押しと戻りの目処がしっかり機能するとか、色んな状況がありますが、そもそも、基点となるポイントや押しや戻りの目処が機能するのは、相場的には当然と言えば当然だと思うのです。自動的に価格が勝手に付くわけではないですからね。人が付けるわけですから、総意の集合地点では売り買いが交錯して止まり易くなり、抜ける時には一方向に強い力が働くから抜けると考えるのは、奇をてらう考え方にはなりませんね。

そんな理屈も頭に入れつつ相場を見ていると、理にかなわない妙な動きもあるわけです。ロスカットになる時ってそういう時だと考えて、自分のテリトリーで行った事には自信を持つべきで、反対の事が起きた時は、その時は結果的に間違いになったけど、同じような事を続けていれば、結局はこの判断基準には間違いがないはず・・と割り切る気持ちは大事でしょう。そこを割り切らずに引きずってしまうと、また迷いが出てしまい、次のチャンスはスルーします。そして、今度は思った方向に行くのが常ですね。そして、また袋小路に入ります。それもこれも、何かコレというものをバックボーンにしていないから起こる現象なのですね。トレードに限った事ではなく、万事について言えることだと思っています。

よく、センスが・・・って言いますが、センスが良い人っているんですよ。相場でもいますね。センスが良い人って、割り切れる人だと思うんです。割り切るからあきらめも早いし、パワーや方向や流れに逆らわないんですね。だから、良い時は手を崩さず、悪い時は早くあきらめます。機を見るに敏とは、実はそういうメンタル的な割り切りが大きくものを言うものだと思っています。もちろん、揺るぎのない根拠を持っているのは言うまでもないですが、手法的に何かを持てば、あとは割り切れるように経験を積むだけでしょうし、生き残る術を知れば、生き残るうちに経験則が身につきますから、上手になるのでしょう。上手になるからセンスが良いと思われるんじゃないですか?だから、手法が全てに優先する原則は、絶対に曲げてはいけないものだと思うわけです。

今日はこの辺で失礼いたします。明日も頑張ってまいりましょう!

Mr.Hiltonの日経225先物リアルタイムデイトレード掲示板は下のリンクからどうぞ!ザラ場はほぼ休みなく書き込みをしています。まだご覧になった事のない方はぜひ一度見に来て下さい。ためになるかならないかは、あなた次第!(笑)

Mr.Hilton監修の電子ブック「日経225先物講座/節とポイント」です。クレジットカードやコンビニ決済等もお使いいただけますので、お申し込み後にすぐにお読みになる事が出来ます。下のバナーをクリックすると発行元のホームページに移動します。電子ブックの詳細も事細かに書かれていますので、興味がある方は覗いてみて下さい。ご質問等は私が承ります。






連休まであと一日、頑張りましょうね。下も応援して下さい。

ブログ村  日経225先物

日経225先物 人気ブログランキング

ビジネスブログ


Mr.Hiltonの日経225先物リアルタイムデイトレード公開中
携帯電話からリアルタイムデイトレードへ

このページのトップヘ