昨夜の風は冷たかった。。。子供らと三人でジョギングに出たのが20時を少し回った辺りでしたが、帰宅直前に冷たい風が吹いてきて、帰り着いた時には汗が乾き始めて冷え冷えでした。もちろんそのまま風呂に飛び込んで事なきを得ましたが、ジョギングからウォーキングに切り替えてクールダウンなどしますと、体が冷えてしまって良くありませんね。まさにクールダウンですが、せっかく頑張ったのにブルブル震えるようでは、何のための運動なのかわかったものではないですね。

子供たちはマラソン大会が迫っているので、少し気合入れて走らせましたが、上の子は一丁前にウォークマン聞きながら走っているんですから、嫌になっちゃいますね。道を走る時はあれって危ないと思うんですけどね。車の音やクラクションも聞きづらいでしょうから。。。

相場の方は、いろんな方とお話しする機会があるので、皆さんがどのように感じているかが良くわかりますが、ここまで凄いと、完全に開き直って笑って話す人が多いですね。動かないものは動かないわけですから、深刻な顔していても仕方ないですし、明けない夜はないと思って、本愚図りとはかくなるものなりで、この愚図りを酒の肴にしている風でもあります。恐らくあと何年かすると、今のこの大愚図り相場が懐かしく思えて、「あんときゃ酷かったのよ。今の相場なんて動いてる方だよ」なんて酒場でほざいている自分が目に浮かびますね。皆さんの中にもその様な方が必ずいるはずです。その時まで、しっかり生き残っていればの話ですが。。。

取材などを受ける中で、よくお話しが出る事の中に、乱高下する相場で生き残るためには・・・というものがあります。あまり自分で相場をいじらない方や、初心者の方はそのような質問が多くなる傾向がありますが、答えは簡単で、損失限定なら乱高下の方がチャンスはあるという事になりますね。ボラも出来高もあれば、仮に負けたとしてもそれを取り戻すチャンスもたくさんあります。しかし、そのような動きを生かすためには、損失を限定しておき、ワンチャンスで取り戻せる範囲に収めておかなければいけません。

乱高下の相場は退場者を続出させるという先入観は、恐らく損失が膨らんでしまい、とても取り戻せないような損失を一気に被ってしまうと、その先どうにもならないという所から来ているのだと思いますが、相場に長い間向き合っている方は、その反対の発想になりますね。つまり、損失は動こうが動かまいが一緒。それなら上手く動いた時に、利益が取れやすい相場だったり、失敗を取り戻せる、二回目、三回目とチャンスがある相場の方が有利と考えます。

今現在の相場で20円のロスカットを食らうと、その20円を取り戻すのはかなり難儀だったりしますよね。しかし、動きがあれば、トレードの成否はともかくとして、どこを突っついてもチャンスがないという事態にはなりにくいわけです。よって、「集中できる環境」がそこにはあるわけですね。実はこれが凄く大事な事で、「集中できる環境」はどんな相場でも均一に作れるものではありませんね。前向きになれる何かがないと、集中なんて出来るものではありません。

動きが出ると、反対に動いた時に怖い思いをするから嫌だと考えていたら、なかなか勝てるトレードにはならないわけです。反対に動いたら怖いと思う事は、少なくともそこには集中して、意識が張り詰めた自分がいるわけですから、むしろメンタル的には良い状態、少なくともトレードには向いている状態と思うのです。安心しきった所には集中は生まれにくいです。よって、安心=動かないになるので、勝てるトレードにはなりにくいと考えられませんか?

そんなわけで、この大愚図りをなんとかうまくやり過ごして、必ずや出るであろうこの反動時に、何倍にもして返してやりましょう。それまでは、痺れを切らしていい加減な事をやって負けないように、十分気をつけて見ていく必要がありますね。このような相場も相場のうちですから、文句言わずにありがたく見て行こうと思っています。バックテストなども含めて、勉強に費やすには良い時期くらいに思う事も大事ですね。結局は持つべき何かがなければ、どんな相場でも結果は同じですからね。

今日は、今から出かけて来ます。なかなかマッタリとは過ごせませんが、バタバタもありがたく受け入れて、いろんな面で頑張っていこうと思っています。皆さんも、時間を大切に、有意義なお休みにして下さいね。それではまた!

お疲れ様です!応援をお願いします
日経225先物 人気ブログランキング

ブログ村  日経225先物

ビジネスブログ

私監修の「日経225先物講座 節とポイント」
愚図り相場こそ余計に節を知る必要があります。全て自作のテキストになります。補足ファイルもありますので、すぐにご自身で節とポイントを明確に出来るようになっています。相場の見方が変わった、シナリオの大切さがわかった、変なINやロスカットが減ったなどというご感想を多数頂いておりますが、良い使われ方をしていますね。まずはベーシックな見方を積み重ねると、色んな事が見えて来るものです。ご購入後しばらくは、日々の節とポイントの準備ファイルを受信できますので、その日から相場の見え方は変わって来るはずです。

お申し込み後にすぐにお読みになる事が出来ます。興味がある方は覗いてみて下さい。節目をキッチリ押さえて、よりシナリオが描きやすいトレードを目指しましょう!ご質問等は私が承ります。諸事情により次回改訂版は値上げをさせて頂く事になっています。尚、今後、加筆した改訂版やバージョンアップしたものが出た場合でも(未定)その際は、今回、または以前に現行版をお求めの方は、改訂版は無償でお渡しする事が出来ます。値上げした場合でも、その条件は変わりませんので、私の方からもお約束しておきます。詳しくは発行元ページにてお願いします。



便利ツールをゲットしたり限定WEBセミナーも閲覧できます。アクティブ口座について

先日はブログにおいて、レバレッジをかける事についての可否についてお書きしました。日計り裁量トレードならば、資金的な余裕がありすぎると資金効率も悪く、余裕がもたらす悪い影響も存在します。その辺りはモノは考え様だと思います。とりあえず口座をお持ちでない方は、覗いてみて下さい。資金効率は格段に違います。「言われた通り、逆にマネジメントに気を使える様になりました」とのお便りも頂きました。私のセミナー関連の情報や付随するお得ツールも出ていますので、口座開設は必須です。是非、ご覧になってみて下さい。
アクティブ口座の詳細はこちらから。デイトレなら高レバレッジでも安心です。

Mr.Hiltonの日経225先物リアルタイムデイトレード

まさかとは思いますが、リアルタイムデイトレード掲示板のリンクが、更新記事の一番最後にあるので、存在すら知らなかった・・・などという方がいるのかなー・・などと思う時があります。下記にてほぼ毎日やっていますので、興味があれば是非お立ち寄り下さい。あまりためにならないかもしれませんが、ライブの息遣いは感じていただけるのではないでしょうか。今年も書き込みに専念出来る様な体制で頑張ります。

Mr.Hiltonの日経225先物リアルタイムデイトレード公開中
携帯電話からリアルタイムデイトレードへ