日経225先物を難しく考えないで勝つためのブログ

掲示板『Mr.Hiltonの日経225先物リアルタイムデイトレード』への書き込みに基づいたその日の詳細や『手法』、デイトレード心理に言及するブログです。日経225先物のデイトレードは難しくはありません。クセを知っていればOKなのです。

トレード結果
エントリー・・・寄り付き直後17630円ロング
決済 ΑΑ17660円(+30)前場
決済◆ΑΑ17690円(+60)前場
決済・・・17720円(+90)後場

本日はCMEの高値付近での寄り付きでしたね。まずアメリカ市場の動向次第というところでしょうか・・・。私見ですが、ここまでギャップアップするのもなんだか違和感ありますね。まずCMEありきというところなのでしょうか。もう少し独自の動きがあってもいいと思うのですが、CMEがないと寄り付きの動向を探れないという事実も認識しなければなりませんね。私の使っているチャートは今日は必要がないくらい特に後場はひどく退屈な相場でしたね。こういう時に無理してポジションを取るとヤラれます。スキャルピングに徹するという手もありますが、こういう場合のスキャルピングは、2連敗したら止めるという意思を持つ必要があると考えています。逆に言うと連勝したら続けるべきです。なぜならスキャルピングはリズムだと考えるからです。一旦逆を踏まされたりするとなぜかその日は逆々に行く傾向がありませんか?負けを取り戻そうとして深みにハマるんですね。思考が客観的に判断できなくなるんですね。今日もし前場で利益が出ないとか、マイナスを食っていたら無理やりエントリーしないことが正解だと思いますね。そういう場合は上の17730をブレイクしたら順張りでエントリーを考えるくらいでいいのではないかと思います。さてさて大きな窓が出来ましたね。上にも大きな窓が開いているし、SQ週だし、移動平均や一目の雲からは離れた位置だし、なんとも判断しづらいチャートになっていますが、基本的なことさえ踏まえて臨めばキッチリ勝てると思っています。まずはロスカットをしっかりやることと、そのロスカット値を意味のある価格におけるかどうか、納得してロスカット出来る価格に設定できるか、それが肝要だと思います。そうすれば一番したくない負けを認めるということが事務的に出来るようになりますね。損は出来るだけ小さく、利益は出来るだけ大きくしたいものです。
近日中に実際のトレードを書き込める掲示板かチャットを設置します。皆さんも参加してくださいね。設置まで今しばらくお待ちください。それではまた明日!!

ランキングに参加しています。よろしくお願いいたします!
人気blogランキングへ

5
日経225先物ってハードな戦場だと一般的には言われていますが、私のコンセプトは一見難しそうなことをシンプルに考え、小難しいことをあーでもないこーでもない言わずに結果を出すということです。私は225先物で3年間生計を立ててきました。その間紆余曲折なかったわけではありませんが、様々な手法を試みてきた中で、私なりの必勝法に行き着くことができ、今では毎日淡々とトレードに励んでおります。手法としましては時にはスキャルピングもしますし、時には寄りでエントリーして大引けまで持っていることもあります。基本的にはオーバーナイトはしません。相場に強いトレンドが出てきた時はオーバーナイトは非常に効率のよい作戦であることは認めますが、性格的に合わないのでオーバーナイトはしないことにしています。今日(5月7日)からこのブログにその日の戦績(戦跡??)とコメントを書ける範囲で書いていきます。また近日中に私のトレードがリアルタイムで見ていただけるように、掲示板かチャットを用意いたします。皆さんに見ていただくことで私も大変刺激になると考えたからです。これらは皆さんも参加可能なスタイルにする方向で考えております。私は相場は難しいものだという考えに真っ向から反論するつもりはございません。そのとおりだと思います。しかし考えなければならないポイントを絞ってやれば絶対に上手になるはず、少なくとも独りよがりでやってきた時よりも好成績が収められるはずと考えております。私もまだまだ気がつかなければいけないポイントがあるのでしょうから、日々その発見のために時間を費やしております。ただ、それらを学ぶことは決して難しいことではないのだと思います。難しいという先入観がなくなれば、チャートだって板だって今までと違った見え方をするものだと思います。いえ、絶対にそうです。少なくとも私はそうでしたから・・・。
尚、このブログはあくまで相場の世界で迷える子羊さんと私がともに成長していきましょうというブログですので、ベテランの方やすでに勝ち組の方にはやや物足りないかもしれません。ご了承くださいね。それでは皆さんよろしくお願いいたします。また沢山のコメントもお待ちいたしております。のちほど本日のコメントをお書きしますね。

ランキングです!よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ



このページのトップヘ