日経225先物を難しく考えないで勝つためのブログ

掲示板『Mr.Hiltonの日経225先物リアルタイムデイトレード』への書き込みに基づいたその日の詳細や『手法』、デイトレード心理に言及するブログです。日経225先物のデイトレードは難しくはありません。クセを知っていればOKなのです。

こんにちは!
前場の戦績
18005ロング(9:15)
決済18025(9:20)
決済18050(9:55)
決済残りは18025で決済(10:15)
あまり動きませんねー
スキャルピングには向いているかも・・・。
午後は動くと見ていますが・・・
18080抜けはないと思っていますが果たして・・・。
外れたらごめんなさい。
よろしければ応援クリックをお願いいたします。

日経225人気blogランキング

後場の戦績
18010ロング(13:50)
決済18040(14:05)(+30)
決済18065(大引け)(+55)
10円抜きしようかと思ったところ瞬間長い陽線が!
ラッキーでした。
--------------------------------------------
上海に翻弄されていますね。14時以降引けにかけて完全に連動していましたね。仕掛を作っている感じです。この対策もしておく必要ありですね。
よろしければ応援クリックをお願いいたします。

日経225人気blogランキング

こんにちは!
前場の戦績
18040ショート(9:05)
決済18020(9:10)(+20)
決済17990(9:15)(+50)
決済18005で残り全て決済(10:05)(+35)
朝はCME高値より高く寄り付いたので、18000でロング指しが届かず上昇しました。しかし18040で買いの勢いがなくなってきたので、ショートしました。ロスカットは昨日のVA抜け18060としました。うまく下がりましたね。
-----------------------------------------
しかし毎日毎日10:30になると意味のない動きをしますね。上海があれだけ下がったのに昨晩のN.Yは関係なかったのですから、日本の市場も反応すること自体がおかしいと思うのです。これは上海のスタートに合わせて動かしている大口に皆が乗せられている感じですね。乗せてくれるなら乗りたいのが本音ですが・・・(笑)逆手に取ってくることも十分ありえるので、無視したいんですがあの時間帯に建玉を持っているとなんか落ち着かないのです。後場の持ち越しもしにくいですしね。って書いている間に、上海下がって来ましたね。-3.13%ですから昨日・今日でもう11%以上下げていることになります。さあ後場はどうなりますか・・・。戻りは売って、押し目は買うでよいと思うのですがね。SQ前ですから上げたら戻しの繰り返しになることもありえるわけですから・・・。利食いはコンパクトにしていきます。
よろしければ応援クリックをお願いいたします。

日経225人気blogランキング

上海市場8%以上の下げでした。これを受けてN.Yとシカゴは反応するのかどうか。そもそも上海が下がったからといってそれが即他国のマーケットを大混乱に陥れるような負のマーケットインパクトになり得るのがおかしいと考えます。東京と上海では市場規模も雲泥の差がありますしね。今日N.Yがさほど反応しなかったら明日以降上海の動向は大して織り込まれなくなるかもしれませんね。全く日本市場もアメリカや中国に連動するばかりでなく、もっと独自の動きが出てくるといいと思うんですが。明日の寄り付きはこれまたCMEがいくらで帰ってくるかですね。18000円を割り込んで帰ってくればちょっと調整色が強くなるかもしれませんね。これから力強く上昇するためには下にある窓もしっかり埋めて17800円、17900円台の根固めをした上で上に向かって欲しいというのが本音です。それではまた明日に!
応援クリック宜しくお願いいたします。

日経225人気blogランキング

後場の戦績
18035ショート(13:40)
決済18015(13:50)(+20)
残り18025で決済(14:00)(+10)
しかしつまらなかったですね。
中国がかなり下げていましたが、まるで織り込んでいたかのような小さな動きでした。損せずよかったって感じですね。下はかなり頑強ですね。上値も重いのかな??
-----------------------------------
ちょっと出かけますので帰ってきたら更新します。また訪ねて下さい。
応援クリック宜しくお願いいたします。

日経225人気blogランキング

こんにちは!
前場の戦績
18075ショート(9:00)
18035で全て決済(9:55)
本来まだまだ我慢しないとですね。
しかしいったん閉じました。
後場が楽しみですね。
今のところ中国弱いです。
利益確定売りが出たのかな?

応援クリック宜しくお願いいたします。

日経225人気blogランキング

こんばんは!昨日はトレードの恐怖,箸靴謄┘鵐肇蝓叱紊痢崑纂困龍寡檗廚肇┘鵐肇蝓質阿龍寡櫃砲弔い討話しました。今日はエントリー後の「減益の恐怖」をお話します。これは簡単に言いますと、自分のとったポジションが思惑通りの方向に進んだ時、今ある利益が少なくなったり、なくなってしまうのではないかという恐怖です。今+20円の含み益があるとします。そのうちそれが+10円になった時「あー+20で利益を取っておけばよかった。」と考えるようになり、今ある10円を利益として取っておきたくなるのです。それが始めから10円〜30円程度の利食いを目的とするようなスキャルピング手法なら取立てて問題視するほどではないかもしれませんが、利益を出せる時には出来るだけより多くの利益を積み上げたいものです。そんなスタンスでやっている方はここで+10円で利食いすることは、本来のスタンスから外れてしまうことになります。もちろん30分も1時間も同じような価格を行ったり来たりするような場合は一旦イグジットして次のチャンスを待つというやり方は、おおいに結構なのでその場合は+10円でイグジットする事は否定できませんし、私もよくやります。ここで言いたいのは、動き始めたばかりのときに、価格が上下にぶれ始めた初期の段階でこの恐怖に負けてしまうと、大きな利益を得るチャンスを失ってしまうことにつながります。「損を小さく利益は大きく」のトレードの原則に反してしまうことになるのです。ポジションを取ったとたんに思惑通り大きく動くこともありますから、全部が全部薄利で終わってしまうということもありませんが、行ったり来たりの局面で我慢が出来ないと、今後大きく勝つことは出来ないと考えます。仮に10円、20円の利益を積み重ねていっても、10回に1回大きなロスカットをしてしまうと、積み上げたものは瞬時になくなります。「勝てるときに出来るだけ大きく勝つ」事が、トレードで勝つ大きな秘訣なのですね。それではその恐怖に打ち勝つためにはどうしたらいいのか??いくつか方法はあると思いますが、一つは決済を分割して行うという方法です。まず最初に+20で利益を取って次に40円、次に80円・・・のように段階ごとに利益確定して行くやり方です。それにプラスしてトレーリングストップをしながら、徐々に利益を取っていくやり方ですね。二つ目はトレーリングストップを使いながら利益を伸ばしていくやり方。+50円になったら+20円のところに逆指しでストップ注文を入れておき、さらに+80円になったら+40円のところにストップ注文を入れておくというようなやり方ですね。これなら一括決済ですのでうまくいくと大きな利益を取れることもありますね。ただし+20円の段階では利食わないわけですから、+30、+40、+50になるまで我慢が必要です。その間は「減益の恐怖」と戦う必要があるわけですね。三つ目はエントリーしたらロスカットのストップ注文を入れて、あとは板を見ないという方法です。これだと「減益の恐怖」はもちろん「損失の恐怖」からもとりあえずは身をかわせます。ただし見なくても気になるものは気になるのが人間ですけど・・・。
トレードは心理的な戦いです。エントリーをする前でも「恐怖」と戦わなければいけませんし、エントリーした後も「恐怖」と戦わなければなりません。いずれの場合も克服するためには実戦で慣れるしかないというのが大方の結論かもしれません。しかしよいイメージを持つ事で相場に対して及び腰に向き合うことから軽減されると言えるのではないでしょうか?損失は限定しているのですから、それ以上は負けないのです。それなら勝つときはそれ以上勝ちたい・・・。それ以上勝てば1勝1敗でも利益が勝ることになるのですから・・・。私はこの事を日々自分に言い聞かせています。

さあMSQ週ですね。18000円をめぐっての攻防はどうなるのでしょうか?金曜日のシカゴはまたまた高く帰ってきています。金曜日の日足の形が今一つなので、寄付きから慎重に見ていこうと思っています。それでは月曜日から頑張りましょう。

応援クリック宜しくお願いいたします。

日経225人気blogランキング

トレードの際の「恐怖」について考えてみました。当たり前のことですが一つ目は「損失の恐怖」ですね。ー分のポジションに含み損が発生した時の恐怖・・これは「まずい!逆に行った。一気に走られちゃうの??どうしよう・・・」ってところでしょうか。その後「ここでロスカットはしたくない。もう少し様子見しよう・・」「もう○○円逆に走った。でももう少し粘ってみよう。ロスカットはしたくない」「参った・・どこまで行くんだろう。いくら損するんだろう。」「もういい!どうにでもしてちょーだい!」といったプロセスにつながっていきますね。つまり最初の恐怖をおぼえた時点でルール通りロスカットしておけば、その後の最悪のプロセスは回避できるんですね。ですのでこの恐怖はロスカットをどこにするか決めて、ストップ注文を入れておけば最初の段階でシャットアウトできるのです。▲┘鵐肇蝓叱綣分のポジションと逆に走ってしまうのではないかと恐れる恐怖・・実はこちらの恐怖が勝てるトレードの大きな妨げとなるんですね。エントリーのポイントは人それぞれだと思いますが、それでもポイントとなるところは、そういくつもあるものではないと考えます。つまりなんとなく直感でエントリーしたり、そのときの雰囲気でエントリーしたり、思い込みでエントリーしたりしていない限り、テクニカルでエントリーする以上誰もが同じようなところを見ているものだと思うんですね。つまり、そのポイントは多くの人が注目するポイントなので、自分の取ったポジションに対し有利に動く可能性は50%より高い確率だと考えてトレードしています。私の場合実際にそれ以上の確率で有利に動いていますから・・・。それでは同じように考えている人が多いのになぜ勝つ人とと負ける人がでてしまうのか???それが△龍寡櫃魘く意識しすぎることに他ならないと考えています。実際に私も以前はそういう恐怖心からエントリーできない病に陥った経験があります。そうするとどうなるか?以前ブログに書いたと思いますが、より確実を求めるようになります。でも確実な情報なんて実際はありえないんですね。日々のトレードにおいて、より確実な情報を求めても、それは不可能だということです。「躊躇」はより確実な情報を求めるという答えのない設問に向かってしまうことだと思います。しかし「躊躇」する事で「やめておいてよかった」という事も結構ありますよね。実はこれがトレードで成功する事の最大の敵なのです。そうやって「恐怖」→「躊躇」→「より確実な情報を求める」→「エントリーしない」→「もしエントリーしていたらロスカットだった」→「今日はついてる!」→「次のポイントで再度躊躇」→「大きく走った」→「エントリーしておけばよかった」・・・こうなってエントリーしなかった事を嘆くようになります。これを繰り返していると絶対に勝てないと思います。エントリーする時は多かれ少なかれ「恐怖」がつきものです。エントリーをしてからの「損失の恐怖」はロスカットのルールを淡々と実行することで軽減できます。しかしエントリーする前の恐怖は自分に打ち勝つこと、自分の手法を信じること、100%の確信はあり得ないことを自分自身に言い聞かせるしかありません。私は日々自分に言い聞かせるようにしています。次回はその逆の恐怖について書いてみようと思っています。いつも最後までお読みいただきありがとうございます。
225のブログはこちらのランキングにどうぞ!当ブログも参加しています。

日経225人気blogランキング


後場の戦績
18025ロング(13:40)
17995でロスカット(13:50)(-30)
ブレイク失敗です。仕方ありません。していえばダマシと思った時点18005でロスカットをするべきです。粘ってしまった。

17975ショート(14:15)
17985ロスカット(14:35)(-10)
Myサインにてエントリーしました。ロスカットがタイト過ぎました。18000までは我慢すべきです。この前のトレードでロスカットが遅れたので・・・。
続きを読む


こんにちは!18000円回復ですね。もう少し動いてくれないと辛いです。
前場の戦績
17960ショート(寄り付き)
決済17940(9:05)(+20)
残り17970でロスカット(9:10)(-10)
窓空けしての寄り付き窓埋めまでの下げはなかった。その後上昇。

18000ロング(9:55)
全て同値決済(10:10)
上がらない下がらないのもみ合い状態。高値留まりで引けまでいくのか??SQあるので売り方はいつ仕掛けるのか??窓が空いたままなのが気になるところ。
続きを読む


こんばんは!夕飯も済ませ明日の準備をしている中でちょっと気づいたことがあったので・・・。以前エントリーの際に起こる「躊躇」について書いたと思うのですが、「躊躇」ってたいがい走りそうな局面や大きく跳ね返りそうなポイント、特にブレイクや大きく下げた後のリバウンドの局面で起こりませんか?いつも「躊躇」が起きてる方ってえてして動きが止まった後、いったんもみ合いに入ったかな??もう一気に逆に行くことないかな?って所でエントリーしていませんか?その場合下落した後はロング、上昇した後はショートのポジションを持つことが多くないですか?というかほとんど逆張りしていませんか?そしてもう動きも止まった事でなんとなく安心してエントリーして、やがてまた逆に動き始める・・・そしてロスカットもしくは塩漬け状態に陥る・・・。そんな経験ありますよね?私もありましたよ一杯(笑)考えてみるとどこでエントリーしてもリスクはあるんですね。同じリスクを取るならリターンが大きいところでリスクを取る方がいいですよね?もちろん「確率的に」考えてポジションを取った場合ですが・・・。相場は買い手と売り手の需給で成り立っています。買うほうはより安く、売るほうはより高く売りたいわけです。大きな枚数で仕切ってる方々は買いが買いを呼ぶ、売りが売りを呼ぶなどのように、投げや踏み上げなども計算して仕掛けてきます。つまり買わせる事、売らせることを上手にやってきますから、結論付けるなら動きが止まるって事は「おーここは買いでしょ!」というポイントを意図的に作って買わせて、買いが出たらゆっくりゆっくり売り物を出して、価格がさがらないようにそーっと現状を保って然るべき時に一気に売り込む・・・などのように非常にうまく動かしてきます。私たちは普通の心理状態で臨んだら必ず描いた絵のとおりに嵌め込まれます。「躊躇」して後悔しているとこんな感じでヤラれることが多くなります。大きく動きそうな局面は思惑が外れればヤラれる時も早いです。しかし「損失の限定」さえキチンとしておけばよいと思うのです。リスクはどの局面でもついて回るのが相場です。リスクの限定をするということは、どの局面でも限定された同じリスクを取るということだと思うのです。それならより多くのリターンを望めるポイントでのエントリーを「躊躇」なく心がけたいと思います。今日、久々に10円抜きをやる中でふっと心に浮かんだことを書いてみました。自分を戒める意味でも・・・。文才がないので相変わらず上手な説明になっていないかもしれませんが、最後まで読んでいただきありがとうございました。今後とも応援していただけたらと思います。
「躊躇」せずにクリックして頂けたら、きっともみ合いから上抜けします。(笑)

日経225人気blogランキング


後場の戦績
寄付きから動く気配がなかったので10円抜きにチャレンジしました。
チャレンジ
17855ショート(12:50)
17845決済(12:52)(+10)

17840ロング(12:57)
17850決済(13:03)(+10)

17840ロング(13:09)
17830ロスカット(13:12)(-10)

17850ショート(13:40)
17840決済(13:42)(+10)
続きを読む

こんにちは!
前場の戦績
17715ロング(9:10)
決済17785(9:30)(+70)
決済17865(9:35)(+150)
決済17795ですべて決済(10:45)(+80)

CME精算値より高い寄付きでした。N.Yのアシストもありますから寄りからロングを考えました。寄りで窓が空きましたのでショートも考えられるところでしたが、埋めたら反発と思ったところで下落。CME精算値を大きく割れることは考えにくいので、精算値で指しました。かなりいいところでエントリー出来ました。トレーリングで追いかけようと思ったのですが、17800手前でのもみ合いにしびれてまず利食いました。17800抜けたあとは切りよく+150で決済。17800割れで逆指しストップに置いておきましたが引っかかりました。中国戻してきますかね?
--------------------------------------------
今日は寄りからロングと考えた方が多かったと思います。売り方の踏み上げもありましたし。寄りで窓空けになりましたので様子見をしましたが埋めてきましたね。正解でした。このような場合「じゃあ窓を埋めずに上に走っちゃったらどうする?」という疑問がわきますね。折角ロングでいくと決めていたのにもったいないと・・・。確かにそうなんですが、その場合は単純に17800を抜けたらついて行くということです。走られてヘコんでいるとさらに上に行くこと多くないですか?途中乗車でも全然OKだと思いますよ。今日の場合も、もし17740でロングしていても前引けまで持っていたら+40円ですし、17800手前のもみ合いでしびれても同じく+40円前後じゃないかと思います。でも17800ブレイクでエントリーしていればうまく売れば+50以上は取れますしね。要は「買う」ことよりも「売る」事に関するマネージメント次第で、結果は変わってきてしまうんですね。まぁ今日のことはあくまでも結果論ですけどね。

少し上に行きました。でもまだもみ合いです。上抜けしたいです(笑)

日経225人気blogランキング

後場の戦績
17525ショート(13:00)
決済17490(13:10)(+35)
残り全て同値決済
17500割れでさらに下げると思ったのですが・・・。

17540ショート(13:55)
決済17520(14:05)(+20)
決済17500(14:10)(+40)
残りは同値決済
しかし振られますね。利食いをコンパクトにしないとあっという間に戻します。
-----------------------------------
今日の終値付近は明日のポイントになりますね。ここから更に戻していくためには、今晩のN.Yとシカゴのアシストが必要です。SQ前なので戻しは十分に考えた上で、基本はショートの戦略でよいのではないかと思うのですが・・・。寄り付きの位置がどうなるかそれを見て判断しようと思います。
中国が安かったので一気の下げがあるかと思いましたが、下げたら戻す、戻したら下げるの繰り返しで走りませんでした。でも動いたので狭いレンジの中でもみ合うよりはるかによかったですが、後場は特によくわからない動きでした。これはこれで疲れます。今はむしろN.Yやシカゴの動きよりも中国ですね。それだけ危険と背中合わせなのでしょう。ロングの持ち越しは辛いところかもしれません。もう少し日経独自の動きがあってもいいと思いますが・・・。
今日は寄り付き後のショートで吐き出してしまったので、懸命に立て直しました。その日最初のトレードでヤラれてしまうと、それ以降がどうも慎重になりすぎてしまいます。25MAが下に来ている絶好のカウンターチャンスも、ドテン出来ず見てるだけ状態でした。SQ前でもありますので、一方的な下落は考えにくいところなので、ロスカットをタイトにして積極的にブレイクに乗ったり、逆張りしたりしていく中で、利食いもいつもよりコンパクトにしていく作戦で臨む事も一考の余地ありと感じました。なにはともあれ今日も利益を出せました。今月はあと1日です。皆さんも頑張りましょう。
ブログ順位あまり変動していません。もみ合いです。上抜けしたいです(笑)

日経225人気blogランキング

このページのトップヘ